非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

人生の大きな願望を叶えたことはありますか

願望のある人生

 

 

人は人生で様々な願望を持ちます。

しかし叶うのは一部だけ。

特にハードルが高い願望ほど叶う可能性は小さくなります。

 

みなさんはどうですか?

自分の願望を叶えていますか?

例えば、

  • 好きな仕事に就いたとか。
  • 欲しいモノを買ったとか。
  • 好きな人と恋人になれたとか。

 

 

欲しいクルマを手に入れた

 

 

ボクの人生最大の願望は22歳のときに叶いました。

社会人1年目です。

それは、いすゞと言う自動車メーカーのピアッツァと言うクルマを手に入れたことです。

ピアッツァは1981年に登場した古いクルマで、ボクが社会人になった頃はとっくに販売が終了していました。

なので中古車しか存在しません。

いすゞと言う、当時からマイナーな自動車メーカーのクルマなので、持っている人も少なく、当然、中古車でもなかなか見つかりませんでした。

しかもボクはオートマチックでは無くマニュアル車が欲しかったのです。

しばらく探し続けて、ようやく10年落ちのピアッツァのマニュアル車を見つけました。

何と価格は100万円超。

10年落ちのマイナーな中古車のマニュアル車が100万円を超えるなんて高額すぎます。

しかも社会人1年生。

しかしボクは迷わず買ったんですねえ。

 

ちなみにピアッツァはこんなクルマなのでテキトーに見てくださいね。 

 

ピアッツァ

 

 ボクが手に入れたのは2代目(丸いヘッドランプ)では無く初代の角目です。

ジウジアーロと言う世界的デザイナーがデザインした超絶カッコいいスタイルが特徴です。

現在でも十分通用しますし、むしろ現在走っていても一番カッコいいと思いますよ。

 

まあとにかく変なクルマでした。

コックピットはハンドルの回りに各種スイッチ類が配置され、ハンドルから手を離さずに操作できる宇宙船のコックピットのようなデザイン。

ウインカーレバーは普通のクルマはスティック状ですが、ピアッツァのウインカーレバーは板状です。

フロントガラスのワイパーはこれまた珍しく、真ん中に1本。なので非常に長いんですね。ウォッシャー液はワイパーから噴射されます。なので、ウォッシャー液を出しながらワイパーを動かすと、液が左右に乱れ飛びます。

ボンネットのフタも珍しいです。

ほとんどのクルマは前方が開きますよね。フロントガラス側がヒンジです。

しかしピアッツアは前方がヒンジで、フロントガラス側から前に開くのです。

見た目は超カッコいいですが作業はしにくいですね。

シートはレーサーあこがれのレカロシートでした。

超高級シートなんですが、角度調節はダイヤル式で、手でキュッキュと少しずつ回して調節していくんですよ。

だから助手席に恋人を乗せていきなりシートを倒すなんてことは不可能です。

タイヤのアルミホイールはBBS、ハンドルはmomoでした。

とにかくスポーツカーにおなじみの豪華装備満載のクルマでした。

 

100万円で買った社会人1年生。当然ながらローン生活です。

しかし1年後、ボクは新登場したホンダCR-Vと言う四輪駆動車を衝動買いしてしまったのです。約250万円でした。

何と、社会人2年目にしてダブルローン生活。

さすがに1台目のピアッツアは手放すことになりました。

たまたま、先輩が買い取ってくれると言うんですが、買い取り価格は5万円。

100万円のローンで買って5万円で売却。

いやあ、2年目のボクの生活は大変でしたよ。

そもそも四輪駆動車なんて遊びクルマなので、テントやら釣り竿やらスノーボードやら買いまくりで出費王でした。

その上、先輩に売ったピアッツァが1週間で故障し、先輩に5万円返金するはめに。

結局、ピアッツァは解体業者に引き取られていきました。シフトレバーのみ記念に残しましたよ。

 

こうやってボクは100万円で1年間、ピアッツァと言う人生の願望を手に入れたわけです。

それ以降は借金まみれの銀行員として生きていくことになりましたよ。

 

 

日本の売買不動産仲介業界は悪い業界である

不動産業界

 

 

不動産業界と言ってもさまざまなジャンルがあるので、ひとくくりで不動産業界と言ってしまうのは避けようと思います。

ボクがやっている仕事は賃貸不動産管理業です。

不動産の売買には携わっていません。

 

世の中で一番メジャーな不動産の仕事と言えば、売買不動産の仲介です。

 

あなたが自宅を売りたくなったとき、それを依頼するのが売買仲介業者です。

仲介業者は買い手を探してくれます。

逆もまたしかり。

あなたが不動産を買いたいとき、仲介業者は売主を探してくれます。

 

どちらも自分でやるのは大変ですよね。

だから仲介業者は役に立ちます。

役に立つのだから世の中にとっては必要な仕事のひとつです。

そのこと自体は何の問題もありません。

自分で魚を捕りに行くのが大変だから漁師という仕事があります。

自分で髪を切るのが大変だから理容師という仕事があります。

それと同じです。

 

 

両手

 

 

仲介業者は売主から売却の依頼を受けたら、その不動産をネットに登録しなければいけません。

そのシステムのことをREINS(レインズ)と呼びます。

レインズを見ることができるのは不動産業者のみです。

一般人は見ることはできません。

ボクはもちろん見ることができます。

当の売主ですら見ることはできません。

 

レインズに登録すれば、全国の不動産業者が見るので、買い主が見つかります。

そのためにレインズは存在します。

しかし、当の売主は素人なのでレインズを見ることができず、したがって、仲介業者がきちんとレインズに登録したかどうかを知ることはできません。

 

実は世の中には売却の依頼を受けても、レインズに登録しない業者がいるのです。

レインズに登録せずに、自分で買い主を探すのです。

なぜならそれにメリットがあるからです。

不動産仲介業では、売主から仲介手数料がもらえます。

そして買い主からも仲介手数料がもらえます。

 

もし物件をレインズに登録してしまうと、レインズを見た別の仲介業者が買い主を連れてきます。

それで契約が成立すれば、売主側の仲介業者は売主から、買い主側の仲介業者は買い主から、それぞれ手数料を得ます。

それぞれが片方から手数料をもらうんですね。

これを業界では「片手」と呼びます。

しかし、もしレインズに登録しなければ、他の業者はその物件のことを知ることは無いので、売主側の業者が独り占めして買い主を探せるんですね。

それで契約が成立すれば、その業者は売主からも買い主からも手数料がもらえます。

これを「両手」と余分ですが、要するに1回の取引きで手数料が2倍になるわけです。

 

同じ仕事で収入が2倍。

それが欲しいために、わざとレインズに登録しない違法行為をする業者がいます。

レインズに登録しないと、全国の業者の目に触れることはありませんから、買い主が見つかるのが遅くなります。

つまりそれは売主に損害を与えているのと同じことです。

レインズに登録しない悪徳業者は自分の利益のためにお客さんに損害を与えているわけです。

また、両手取引きの場合は利益相反が起こります。

価格を上げれば売主は得をしますが買い主は損をします。

価格を下げれば買い主は得をしますが売主は損をします。

つまり、両手の場合、業者は必ずどちらかを損させるわけです。

 

実はアメリカでもレインズと同じようなネット登録システムがありますが、アメリカの場合は一般人も見ることができます。

つまり売主も見ることができるので、業者は登録しなければバレます。

また、利益相反防止のため、両手取引きは禁止されています。

 

アメリカの売買不動産仲介業界はまともであり、日本の売買不動産仲介業界は汚れているわけです。

 

最近、ソニーが売買不動産仲介業界に参入しました。

最初から両手取引きをしないことを宣言しています。完全に売主しかお客さんにしないわけです。

それって特別すごいことでは無く、ごく普通なんですが、日本の売買不動産仲介業界がおかしいので、むしろ新鮮です。

 

健全な業界にして国民の利益に資するために、政府はさっさと規制を厳しくすべきなんですが、政治家と不動産会社っていろいろアレですからねえ。

日本と言う国の欠点ですね。

 

もちろん両手禁止にすれば、倒産する仲介会社もたくさん出てくるでしょうが、そんな会社は元々さっさと潰れるべき会社なんですよ。

利益相反でしか食っていけない会社なんですから。

 

 

いまの日本でブラック企業を滅ぼすのが不可能な理由

ブラック企業

 

 

みなさーん!ブラック企業で働いていますかー!

 

shachiku-festival.com

 

 

ここ数年間、年中無休で仕事をしているボクが、ブラック企業撲滅について考えてみました。

 

 

需要と供給

 

 

考える前に世の中の大原則を知っておきましょう。

 

www.b-chan.jp

 

 

多くの人が欲しがるモノの価格は上がり、人気が下がれば価格も下がります。

 

さて、ブラック企業。

なぜブラック企業で働くんでしょうか。

ひとつの原因はブラック企業自体に需要があること。

世の中の全員がブラック企業で働かなくなったら、人手不足でブラック企業は倒産します。

つまりブラック企業は消滅するはずです。

しかし実際にはブラック企業はたくさんあります。

つまり、ブラック企業で働く人はたくさんいるんですね。

誰かがやめても別の人が採用されます。

採用できるってことは応募があるってことです。

 

ブラック企業がブラック企業である原因には2パターンあります。

 

  • 経営者が悪人では無いのに経営が苦しくて仕方なくブラック企業であるパターン

これはなかなか切ないです。

従業員がブラックな働き方をしないと会社が存続できないビジネスモデル。

もちろん経営者の能力が低いからそうなるんですけど、能力が低いことが悪では無いですからね。

経営者が無能だと批判するのなら、従業員なんて経営すらできない無能ってことになってしまいますから。

従業員がブラックな環境で懸命に働いて何とか会社が存続。

もし従業員がテキトーになれば、会社は倒産。結果、従業員は無職。路頭に迷います。

ブラックでも給料をもらい続けるのか、それとも無収入になるのか。

 

  • 経営者が悪人のパターン

 

これは経営者のせいです。

だから経営者にケンカをふっかければ解決するかも知れません。

給料が安すぎるから上げろ、さもないとやめるぞ。

労働時間が長すぎるから短縮しろ、さもないとやめるぞ。

もしその従業員が会社にとって貴重な戦力なら、経営者は要求をのむでしょうし、他に代わりがいくらでもいるのなら、要求をのまないでしょう。

 

あくまでもチカラ関係は需要と供給で決まります。

 

日本の労働人口が変わらないとすれば、ブラック企業がつぶれていくとどうなるでしょう。

当然、就職先となる企業の数が減るので、失業者が増えます。

これは言い換えれば、失業者と言う名の供給が増えることになります。

企業は労働需要です。

 

需要が減って供給が増えます。

 

するとどうなるか。

価格が下がるんですね。

ここで言う価格とは何か。

そうです。

給料のことです。

 

ブラック企業が減って労働供給が増えることによって、それまでブラック企業では無かった企業の給料が下がっていくわけです。

 

もしくは労働時間が増えます。つまり時給が減るんですね。

 

それでも失業者は収入を得るために、そこに就職せざるを得ません。

 

切ない話ですが、ブラック企業を滅ぼせば、他の企業がブラック化していくんですね。

 

だから、ブラック企業を滅ぼすのは、単に民間レベルで個人個人が戦って解決するのは非常に難しいんです。

マクロの政策で解決する必要があるんですね。

 

いまの日本でこんなにもブラック企業が話題になってしまうのは、政策的にブラック企業が滅びる仕組みになっていないからです。

ブラック企業を滅ぼすには、政治に参加すること。

 

若い世代ほど選挙に行きませんが、それは自分で自分のクビを締めているんですよ。

 

www.b-chan.jp

 

 

コツコツと継続的に努力することが大切な理由

能力の測定

 

 

今朝、仕事に向かう途中、歩きながら考えたんですよ。

なぜ人はコツコツと継続的に努力することが大切なのか、と。

 

人間の能力って数値化しにくいですよね。

例えば、2人が走り幅跳びをやったとします。

2人とも、高さ130cmをクリアしたとします。

そこで競技終了。

では、その2人は同じ能力でしょうか。

もちろん違いますよね。

たまたま130cmで終了しただけであって、もっと高くしていたら1人は飛べてもう1人は飛べなかったかも知れないわけです。

測定する側のさじ加減で人間の能力が「設定」されてしまうことがあると言うことです。

 

あえて客観的な数値で人間の能力を測るとすれば、例えば、努力の時間ってのはどうでしょうか。

いや、それでも話に無理はあるんですけどね。

10倍の時間、努力したからと言って10倍の能力が身に付くわけでは無いですから。

 

でも、努力しない人よりは努力した人の方が前に進むのは確かです。

 

ボクはこんな話をよくするんですよ。

 

東京タワーの色を知っている人は賢いのか。

 

もちろん違いますよね。

知っているか知らないかは単なる知識です。

知っている人は天才でもバカでも知っています。

逆に、外国の人で東京タワーのことを知らない人は、絶対に東京タワーの色はわかりません。天才とかバカとか関係ありません。

たまたま、赤と答える人もいるでしょうが、それは偶然です。

 

では、なぜ知識は増えるのでしょうか。

それは知識を身に付けると言う経験をしたからです。

わかりやすいのは英語の勉強ですよね。

英単語を生まれつき知っている人はいません。

たくさんの英単語を知っている人はたくさん勉強したわけです。

より多くの時間をかけて勉強したら、より多くの英単語を身に付けられます。

そう言う意味で、知識は頭の善し悪しでは無く、努力量に比例します。

 

 

努力の時間

 

 

1日に1時間勉強をするとします。それを毎日コツコツと継続します。

すると1年間で365時間。

10年間で3650時間。

3650時間分の知識が身に付きます。

 

別の人が、慌てて追いつこうと努力を始めるとしましょう。

1日5時間。

割り算してみてください。

 

3650時間 ÷ 5時間 = 730日

 

つまり、ちょうど2年かかります。

 

1日1時間の勉強をコツコツ継続した人に追いつくためには、1日5時間の勉強を休まず2年間も続ける必要があります。

いままでできなかった人が、1日5時間を2年間休まずできますか?

無理ですよね?

1日1時間ならハードルがとても低いですが、1日5時間を休まずはまず無理です。

しかも、2年間続けたところで、1日1時間の人も、さらに2年分、先に行ってしまってるので、実際にはもっと時間が必要なのです。

 

これでわかったでしょ?

人間は、後からやって取り戻すのは無理なんです。

毎日コツコツと継続した人が勝ちます。

10年経ってから慌てて猛烈にやっても、もはや追いつきません。

 

世の中を見回してください。

後でやるタイプの人と、今すぐやるタイプの人。

どちらが優秀な人が多いですか?

間違いなく後者でしょ。

 

ダイエットなんて良い例ですよね。

日常的に節制していれば、10年後もスリム。

一方、毎日、好きなモノを食べ続けて10年後にすっかり肥満になった人が、そこで慌ててダイエットを始めても、ほとんどの人は挫折します。

 

そんなものなんですよ、人生は。

いつか何かをやろうと思っている人。

今すぐ始めましょう。

そして毎日少しずつコツコツと継続しましょう。

そうすれば、10年後にはもはや誰からも追いつかれない人ができあがっています。

 

 

日本で一番借金が多い会社と個人の借金の違い

巨額の借金

 

 

日本で一番借金が多い会社を知っていますか?

 

そうです。

正解は、

 

トヨタ自動車

 

です。日本で一番大きな会社ですね。

負債額は、この資料の7ページに載ってます。2017年3月末の連結で負債は30兆円を超えていますね。巨大な額です。

 

http://www.toyota.co.jp/pages/contents/jpn/investors/financial_results/2017/year_end/yousi.pdf

 

 

ボクはこのブログで何度も書いて来ましたが、企業経営にとって借金は非常に重要です。

自己資本以外に借金で資金調達することを、

 

財務レバレッジをかける

 

と言うんですが、財務レバレッジによって収益力が上がるからです。

 

www.b-chan.jp

 

 

実際、トヨタ自動車も巨額の負債を利用することで、巨額の利益をあげられるわけですね。

第2位はソフトバンクですが、こちらも毎年、巨額の利益をあげています。

トヨタ以上にアグレッシブな財務レバレッジで、日本の歴史に残る短期間で1兆円の利益をあげる企業に成長しました。

 

 

個人の借金

 

 

では事業の借金では無く、個人の生活での借金はどうでしょうか。

はっきり言って、個人が生活上で借金をするメリットは金銭面で言えば何もありません。

金銭面でと言いましたが、金銭面以外ではメリットはあります。

例えば住宅ローン。

住宅ローンと言う長期のローンが存在するおかげで、若いうちに自宅を手に入れることができます。

30歳の人が30年ローンを組めば返済完了は60歳ですが、30歳から自分の家に住むことができるわけです。

もし住宅ローンと言う借金が存在しなければ、自宅を買えるだけの貯金ができるまで末必要があります。数千万円ですね。

なので、コツコツと貯金して、50歳になってやっと自宅を買えた、なんてことになってしまうわけです。

借金の最大の役割のひとつは、時間を買うことなんですね。

金利を払う代わりに、何十年と言う時間を買うのが住宅ローンです。

 

ボクはこの6月に新型のiMacを買ったばかりです。

約30万円です。

30万円程度なら一括で現金で支払っても良いんですが、ボクは24回払いのローンにしました。

なぜだかわかりますか?

それは、24回まで無金利のローンだからです。 

Appleローン

 

 

時間には価値があります。

いま30万円をすぐに支払ってしまえばボクの手元から30万円が消えます。

しかし、24回に分けて支払えば、手元から全額が消えるのは2年後です。

つまり、それまではボクの手元には資金があり、それを何らかの運用に回せます。

 

www.b-chan.jp

 

 

www.b-chan.jp

 

 

www.b-chan.jp

 

 

詳しくは上記の3本の記事を読んでみてほしいんですが、とにかく、金利がゼロであるなら、わざとローンを組んだ方が有利です。

 

さっきも書いたとおり、金利が発生する一般の借金は個人の生活では金銭面で何のメリットも無いので、金銭面以外のメリットが無い限りは、借金をするのは避けましょう。

今回のボクのAppleのローンとは金利の有無が違うので、そこをよく考えてみてください。

ボクの場合は、手元資金があるのにも関わらず無金利なのでわざとローンを組んだ借金です。

つまり、バランスシートで言えば、資産超過です。

世の中によくいるのは、手元におカネが無いのに先にモノを手に入れたいから、将来の収入を当てにして借金するパターンです。

それって債務超過なんですよね。

住宅ローンの場合は、銀行は不動産の価値を査定します。

わかりやすく言えば、5000万円の価値の不動産に6000万円は貸しません。

必ず不動産の価値以下のローンしか組めません。

つまり債務超過では無いんですね。

だから貸し手にとってはマシなんです。

でも例えば、高価なクツを買いたくてクレジットカードのリボ払いを使うとします。

クツなんて一度はけば、中古なので価値は暴落します。

つまり、クツの価値より借金の額が上回ってしまう債務超過状態なんですね。

しかも高額な金利で。

これが世の中の人が借金地獄に陥る原因です。

金利が発生する借金はしないこと。

する場合は資産価値が借金額を下回らないこと。

そもそも将来の収入を当てにして生活に必須で無いモノを買わないこと。

 

そうすれば、自然と資産は形成されていきます。