読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Evernote……情報をなんでもストックしておくツール

iPhone ラーメン

Evernoteに情報を片っ端から放り込む

ボクがiPhoneでもっとも活用しているのが、

Evernote

Evernote

  • Evernote
  • 仕事効率化
  • 無料

というアプリだと思います。
これ、特にiPhone専用というと言うことではなく、もともとパソコン用のアプリケーションです。
容量を増やさない限り無料で使えます。
上記のリンクでパソコン用もiPhone用もダウンロードできます。
このアプリ、簡単に言うとスクラップブックです。
たとえば、インターネットを見ていて、ちょっと覚えておきたい内容とかメモっておきたいページがあったら、
Evernoteにポイッと放り込んでおけば、そのページがそのまま記憶されます。
このときに記憶するのはパソコンの内部ではなく、クラウドです。
つまり、Evernote側のサーバーに保管されます。
なので、あとで見たくなったときも家にいなくても、外出先のパソコンやiPhoneでどこでも見れます。
iPhoneの場合、その場で保存できるのは、

  • テキスト(文字のことです)
  • その場で写真撮影
  • すでにiPhoneに保存してある画像
  • その場で音声録音

です。
出先で、ちょっとメモっておきたいモノや事があったら、写真を撮ったりメモしたり、音声で記録して、それらを片っ端からEvernoteのサーバーに保管できるんです。
それぞれのデータには、タグを付けられます。
たとえば、ボクのようにラーメンのデータベースを作っている人なら、ラーメン屋に行ってラーメンの写真を撮り、ラーメン屋とかメニューの名前を入れて、「ラーメン」というタグを付けていきます。
後で、ラーメンタグで抽出すれば、ラーメンのデータだけが表示されるわけです。
そうやって作っているのが、このブログのサイドにある、

B-CHANのラーメン写真

というページです。
とにかく、ちょっとでも残しておきたい、とか、後でもう一度見たい、と言うモノは、どんどん放り込んでいきましょう。
けっこう思い出アルバムになったりもしますよ。
仕事で紙に書いたメモなんかも、片っ端から撮影して放り込んでおけば、後でいつでもどこでも見れます。
パソコンでもなかなかこんなに活用できるソフトってないんじゃないでしょうか?
なにがすごいって、カメラで撮影したメモ(手書きも含む)を解析して、OCRとしてきちんと文字認識してくれるんです。つまり、検索で抽出できる、と言うことです。
今のところは英語版ですが、来年には日本語版も出るようです(OCRも日本ご認識対応になる)。と言っても英語版で十分使えます。
この記事読んでみてください。

脳をバックアップしてくれるツール『EverNote』

ちなみに、外出先でiPhoneのSafariでインターネットを見ていて、気に入ったページを保管したい場合、どうすればよいでしょうか?
とっても簡単です。
このmatuさんのページに載っていますのでご参考に。
一度設定してしまえば終わりなので、やってしまいましょう。

▼ 2009/11/14(土) iPhoneでもブックマークレットを使って、WebクリップをEverNoteに保存しよう!

もちろんこうやって保管したデータもクラウドですから、後で帰って家のパソコンでも見ることができます。