読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで自分の好きな曲での着信音の作り方

iPhone

iPhoneで好きな着信音を作る

iPhoneで着信音を作る方法を書いておきますね。
まず、ざっくり言うと、
着信音は40秒までなので、着信音にしたい曲を選んだら、それを40秒に変換し、さらに着信音専用のファイル形式に変換する。
以上です。簡単です。これを頭に入れておいてください。
では、具体的なやり方を書きます。
iTunesを使いますので、iTunesは最新版にアップデートしておいてくださいね。
あ、パソコンはWindowsです。
まず、iTunesのライブラリで、着信音にしたい曲を選び、その曲名の上でマウスを右クリック。
「プロパティ」
を選択。出てきた画面の、「オプション」タブを選択。
「停止時間」にチェックを入れ、右側の欄に、「0:40」と半角文字で入力します。着信音は40秒までしか再生できないからです。
もし、イントロからではなく、曲の途中の40秒間を再生したければ、「開始時間」と「停止時間」をうまく動かして、40秒以内になるように設定してください。
設定が終われば、「OK」ボタンをクリック。
今、設定した曲名の上で右クリックし、
「AACバージョンを作成」
を選びます。
少し待つと、選んだ曲の下に、同じ名前のファイルができます。同じ曲のファイルが2つになったわけです。
ただし、新しくできた方は40秒バージョンです。
新しくできた方の曲名を右クリック。
新しくできた曲名の上で再び右クリックし、「Windowsエクスプローラで表示」を選択。
すると、その曲ファイルがあるフォルダ画面が開きます。
もし、もともとの曲がmp3ファイルなら、同じファイル名で拡張子が.m4aというファイルができあがっているはずです。

もともとのファイル:Beyond the Century.mp3
新しくできたファイル:Beyond the Century 1.m4a
もし、もともとの曲がAACファイル(拡張子がm4a)なら、ファイル名が重ならないように、ファイル名の後ろに「1」が付いたm4aファイルが新しくできているはずです。

もともとのファイル:Beyond the Century.m4a
新しくできたファイル:Beyond the Century 1.m4a
さて、この新しくできたファイルの拡張子を「m4a」から「m4r」に変えましょう。この「m4r」が着メロのファイル形式です。
今見ているフォルダ画面の新しくできたファイルをマウスで一度だけ左クリックして選択した状態にします。
その状態でキーボードの上にあるファンクションキー(F2キー)を押してください。
ファイル名が書き換えられる状態になったと思います。その状態で拡張子の「m4a」の部分を「m4r」に書き換えてEnterを押してください。
これでファイル名が書き換わり、着メロ用のファイルができあがりました。
そのままフォルダ画面で、新しくできた着メロ用のm4rファイルをダブルクリックしましょう。
iTunesで演奏が始まります。
そして、iTunesの左上にあるライブラリの中の着信音という項目をクリックしてみてください。
きちんと、今作った曲が登録されているのがわかると思います。
後はiPhoneをケーブルでつなげて同期させます。同期させるときは、iPhoneを繋いだときに出てくる同期設定画面で「着信音を同期」にチェックを入れるのを忘れないように。
同期が完了したら、iPhoneの「設定」「サウンド」「着信音」で曲を選ぶだけです。
先ほど、AACファイルを作った時点で同じ曲のファイルが2つになっていたと思いますが、最後の時点ではきちんと新しい方のファイルは消えています(正確には着メロ専用フォルダに移動している)ので気にする必要はありません。
そのままフォルダを閉じてください。
もともとのファイルの再生時間が40秒に設定されたままなので、iTunesで曲名の上で右クリックし、
「プロパティ」
を選択。
「オプション」画面の「開始時間」や「停止時間」のチェックを外しておきましょう。これで普通に最後まで再生されます。