読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

確かに増えているiPhoneユーザー

iPhone 地図 メール 携帯電話

iPhoneではハードでは無くソフトで実現

また一人、また一人と、
友達がiPhoneを買ってます。
男女の別なく増えてますねえ。
最初の頃はなんとなく一部の人が物珍しさに買っていた感じですが、
最近は自分の周りの人がどんどん買っていて、
もはや普通のケータイと同じような感じです。
iPhoneのデメリットの一つと言われている赤外線通信ですが、先日ボクはこういう記事を書きました。


出来るだけハードの実装を減らす(普通のケータイとiPhoneの思想の違い)


つまり、同じ事が出来るのなら、できるだけハードの実装は減らした方が製造コストも下がってメリットになる。
ということです。
メールアドレスを交換するのに、これまでは赤外線通信を使うのが一般的でした。
でもスマートフォンには装備されていません。
一方、BlueToothは、装備しているケータイが増えていますし、iPhoneなどのスマートフォンにも付いています。
なので、BlueToothを使えば普通のケータイ同士でも、ケータイとスマートフォンとでもメールアドレス交換ができるわけです。
しかも、赤外線通信というハードを搭載する必要もなくなります。
もともとiPhoneにはBlueToothでメールアドレスを交換する機能はありません。
そこで、さっきの、


出来るだけハードの実装を減らす(普通のケータイとiPhoneの思想の違い)


でも書いたように、無い機能はダウンロードしてくれば良いわけです。
例えば、こういうアプリがあります。



サクッと交換


このアプリを使えば、iPhoneと普通のケータイでBlueToothをつかってメールアドレス交換ができます。
もし相手のケータイにBlueToothが無くてもQRコードをカメラで撮ってもらってもメールアドレス交換できます。
さらにGPSを使って簡単に相手に自分の位置の地図をメール送信する機能もあってなかなか便利です。
iPhoneユーザーのみなさん、1台に一つ入れておくと便利ですよ。
これで、iPhone同士でも普通のケータイ相手でもメールアドレス交換できます。
今、普通のケータイの販売台数は減っていて、スマートフォンの販売台数は増加しています。
まだまだ比率としては普通のケータイのほうが多いですが、今の傾向が続けばスマートフォンの占める割合はどんどん大きくなっていきますので、それにしたがって、赤外線方式からBlueTooth方式を使う人も増えてくるでしょう。
そうすれば、普通のケータイとスマートフォンとでメールアドレス交換が普通に行えますし、普通のケータイにも赤外線通信装置を搭載する必要がなくなります。一石二鳥です。
ところで、
ハードを減らすならBlueToothを減らせば良いじゃないか!と思う人もいるかもしれません。でもBlueToothはメアド交換以外にもワイヤレスで音楽を聴いたりもできます。
もしBlueToothを外せばメアド交換機能とワイヤレス音楽鑑賞機能が無くなります。
でも赤外線通信装置を外してもメアド交換機能が無くなるだけで、しかもそれはBlueToothでもできるわけです。
同じ機能を持ったハードを複数搭載するのはやっぱりもったいないかな、と。