読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで少年サンデー

iPhone ニュース

コミックの電子書籍化

膨大なアプリが続々出ているiPhoneですが、電子書籍アプリもどんどん出ています。
雑誌も単行本も毎日のように新刊が出ています。
コミックもかなりの数が出ています。
そして、今回、少年サンデーが参入してきました。
電子書籍アプリにはいろんな形式があって、アプリ単体で1冊となっているモノや、アプリは単なるリーダーで、そのアプリ内から各書籍をダウンロードするタイプなどがあります。
さらに後者の中でも、アプリ内でAppSotre課金ダウンロードを行うモノや、各業者が独自に課金しておいて、アプリ内ではダウンロードのみ行うモノもあります。
各業者が独自に課金するタイプは、利用者にとってはそれぞれの業者と契約が必要なので最初は面倒ですが、業者に取ってみれば、Apple側に課金されないという点でメリットがあるようです。
ただし、そのビジネスモデルを取ると、Appleの取り分が無くなってしまうので、今後、規制がかかるかもしれません。
さて、新規参入した少年サンデーは、アプリ内でAppSotre課金ダウンロードを行うタイプです。
うる星やつらや、名探偵コナンや、MAJORなどの有名どころが揃っていますが、価格は450円。
これまでにも、他社で、ストップ!ひばりくんや、コブラや、賭博黙示録カイジなどが出ていますが、どれも115円。
特にコブラはiPhoneの画面に合わせたアレンジがなされていて、1画面に原則1コマ。画面はフルカラーで、バイブレーションエフェクトが取り入れられるなど、iPhoneで読みやすい工夫と演出がなされています。
いっぽう、サンデーの各コミックや、カイジなどは、紙のコミックそのままのレイアウトでもちろん白黒。なので、特に3GSまでのiPhoneだと画面を拡大しないとちょっと読みにくいかもしれません。
過去の漫画をiPhoneに移植する場合は仕方がないでしょうけど、今後はコブラのように、iPhoneならではの画面構成と演出を取り入れた書籍が増えることを願います。
はたしてサンデーの450円という強気の価格設定はどこまで受け入れられるのか。
楽しみです。


少年サンデー for iPhone