読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

フリック入力のもうひとつのメリット

iPhone

フリック入力のキーの大きさ

さっき、フリック入力に関するエントリーを書きました。


iPhoneでのフリック入力の高速性と改善要望(iPhoneは普通の携帯電話より文字入力が早い) - 非天マザー by B-CHAN


フリック入力はキー入力回数が少ないので楽に高速に入力できるというメリットがあると書きましたよね。
もうひとつメリットがあります。
それは、キーが大きいことです。
iPhoneでは、パソコンと同じようなフルキーによる、かな入力やローマ字入力もできます。
パソコンのキーに慣れている人にはこのほうが早いと思うかも知れません。
ボクもパソコンではタッチタイピング(キーボードを見ないで入力する)ができますから、最初はiPhoneでもそうしようと思っていました。
でも、とても大きな問題があって、それは、キーが小さすぎることです。

QWERTYキーボード縦

QWERTYキーボード横

横画面モードにするとかなりマシですが、それでもキー間隔は十分では無いです。
なので、パソコンでは全ての指で軽快に入力している人でもiPhoneでは難しいと思います。
先日、auのIS02の記事も書きましたが、そのときにも同じ事を指摘しました。


iPhone対その他 - 非天マザー by B-CHAN


一方のフリック入力画面では、キーは指で十分押せる大きさがあり、むしろ横画面モードでは大きすぎてフリック入力がしにくいです。

日本語キーボード縦

日本語キーボード横

以前ボクはこのブログで、横画面モードでのフリック入力画面も縦画面と同じキーの大きさのままの方が良いといった記事を書いたことがあります。


iPhoneのデメリットその3 - 非天マザー by B-CHAN


いずれにせよ、フリック入力というのは、操作回数がものすごく減らせてキーも大きくて押しやすいというメリットいっぱいの方式です。
日本語入力だけではなく、アルファベットでもフリック入力モードはあります。

アルファベットキーボード縦

アルファベットキーボード縦入力

こちらは、日本語と違って「あいうえお」「かきくけこ」といった5文字ごとの区切りのまとまりがないので、いまいち覚えにくく、ボクは今のところ使っていません。
と言ってもフルキーボードだとキーが小さすぎるので、いずれマスターしたいです。