読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ケーブルを繋がずにiPhoneから印刷できるのがAirPrint。それを、対応プリンタでなくても簡単に実現する方法。

iPhone Google アドレス帳 カレンダー

プリンタもワイヤレスの時代


11月23日でしたっけ?
iPhoneとiPadに新しいOSであるiOS4.2.1がリリースされました。
iPhoneというのはメモリカードスロットすら無いですし、とにかくシンプルかつ多機能を思想とするマシンなんです。
例えば、ボクの場合、Gmail、GoogleカレンダーやGoogleアドレス帳などとはOverTheAir、つまりケーブルを繋がなくても同期するように設定しています。
例えばパソコンでアドレス帳を変更したら、何もしなくても自動的にiPhoneのアドレス帳も書き換わりますし、逆も同様です。
とにかくできるだけケーブルとかメモリカードとかを差し込まずに電波を使ってデータをやり取りするという考え方です。
やり方は過去のボクの記事を探してみてください。
わからなければTwitterなどで聞いてみてください。
さて、そんなシンプルなiPhoneにまたシンプルな機能追加、それがiOS4.2.1でいくつか実現しました。
一つはAirPlay。これは無線で音楽をスピーカーやAppleTVに飛ばして映画や音楽を再生するというものです。
そしてもうひとつが、AirPrint。これは無線で印刷するというもの。
公式にはAirPrintに対応したプリンタが必要で、今のところヒューレット・パッカード製しかありませんが今後増えるでしょう。対応プリンタがあればパソコンが無くてもiPhoneからダイレクトに印刷ができます。
でも多くの人はまだAirPrint対応プリンタなんて持ってないでしょう。
そんな人でもAirPrintが使える方法があります。
パソコンが必要になりますが、そもそもiPhone持ってる人は基本的にはパソコンも持ってるでしょうから、簡単に実現できます。
Windowsユーザーの人は、この記事が分かりやすいのでどうぞ。


iPad iPhoneから印刷(AirPrint)


Macユーザーの人は、Hactivatorというアプリ(フリーウェア)をインストールしてONにするだけ。
この記事がわかりやすいですね。


CANONやEPSONのプリンタで AirPrint を使って iPhone/iPad から印刷する方法


これらの方法では、パソコンにプリンタが繋がっている必要がありますので、本来のAirPrintとはちょっと違いますが、どっちにしてもiPhoneからケーブルを繋ぐこと無く印刷できるようになります。
我が家ももちろんAirPrint対応のプリンタなんて持っていないので、この方法で実現しました。
iOS4.2.1では他にもいくつか新機能がありますので、よければネットで探してみてください。
ここで書いてもいいんですが、読者の方を甘やかさないのもまた愛情。