読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

shiftとcaps lock(知っている人は知っている、知らない人は知らない、iPhoneの便利機能シリーズ)

iPhone

iPhoneでもshiftキーとcaps lockが使える

別にシリーズというほどの大げさなものでもないんですが、意外と知らない人もいるので。
過去にもこんなのを書きました。


スクラブ速度調整(知っている人は知っている、知らない人は知らない、iPhoneの便利機能シリーズ)


iPhoneでカーソル位置の拡大


今回もボクは普通にやっているんですが、意外と周りに知らなかったという人が多いワザです。
英字キーボードを表示してください。

iPhone英字キーボード


そのまま文字を入力するとアルファベットの小文字になります。
大文字にするときはどうしますか?パソコンのキーボードだとshiftキーを押しながら入力すると大文字になりますね。
iPhoneでも同じです。「Z」の左にある上向きの矢印がshiftキーです。
それを1回押すと白く光るので、その状態でアルファベットを入力すると大文字が入力され、shiftキーの点灯が消えます。

iPhoneのshiftキー


大文字を入力するたびに毎回shiftキーを押すのも面倒ですので、パソコンならcapsキーをオンにします。これをcaps lockと呼んでいます。caps lockの状態でアルファベットを入力すると大文字になります。
iPhoneでも同じことが簡単にできます。先ほどのshiftキーをダブルタップするだけです。
するとこんなふうに青色に変わるので、その状態でアルファベットを入力すれば大文字になります。もう一度shiftキーを押せば解除です。

iPhoneのcaps lock


iPhoneには他にもいろんな箇所で、ダブルタップとか長押しすることで機能が呼び出されることがありますので探してみてくださいね。