読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

さっきも少し書いたんですけど人間って完璧じゃないです

つぶやき

正しいことと間違っていることを個々に判断するのが人間の頭


さっきの記事の後半でも書きましたが、人って完璧では無いんですよ。
どんな人だって正しいことも言うし間違ったことも言う。
正しいことしか言わない人はいないし、間違ったことしか言わない人もいません。
ボクは政治に関しては積極的に関与しているつもりですが、特定の政党も政治家も支持しません。
自民党は民主党を批判しますし民主党は自民党を批判します。
もう一度これを貼りますね。


信用できない格付機関を信じないこともまた信用できない行為となることもある


自民党だって正しいことを言えば間違ったことも言いますし民主党だって正しいことを言えば間違ったこともいいます。
「●●党だから正しい」「●●党だから間違っている」
とは言い切れないのです。
簡単な例を書きましょうか。本当に簡単な例です。
あなたが●●●さんの事を大嫌いだとします。
●●●さんの事を大嫌いなら、●●●さんの意見なんて聞く耳を持たなくなってしまうでしょう。
でもそれってとても危険な事なんですよ。
嫌いな人だから間違っているとは限らないからです。
その●●●さんが、
「罪のない人を殺すなんて悪いことだ」
と言ったら、それは正しいことです。いくら嫌いでも、やはりその意見には賛同すべきなんですよ。
嫌いになったということは理由があるでしょう。●●●さんが間違ったことを言ったのかもしれません。
でも繰り返し書きますが、間違ったことも言うこともありますし、正しいことを言うこともあります。
さっきの記事ではボクは孫正義氏のビジネスの一部のやり方を支持すると書きましたが、いっぽうで孫氏に対する反対意見も持っています。
つまり人物を支持しているわけではありません。人物の中の正しい部分は支持し、間違った部分は反対します。
これはどの人にも当てはまることです。
昔から言っていることですが友達だって同じです。
本当の友達というのは、単なる遊び仲間ではありません。
きちんと腹を割って本音で語り合えるのが本当の友達です。
ですから間違っていることはきちんと言える相手であるべきです。
間違ったことをしていても波風を立てないように見逃しているのであれば、それは結局はその友達のためにもなりません。
間違いを指摘されて逆切れして疎遠になるようであれば本当の友達ではなかったということですね。
ボクもよくいろんな友達からボクの過ちや欠点を指摘してもらい、きちんと受け入れて改善し、そのおかげで成長できています。感謝すべきことです。
そして何よりも、以前よりそういう人たちと親交が深まっています。
●●党だから正しいとか●●党だからダメだとか、●●さんだから正しいとか●●さんだからダメだとか、そういう目線だけで判断してしまうと大事な局面で大きなミスをする可能性があります。
現在、災害対応において、民主党政権はひどいことになっています。災害対応能力の欠如が露呈しています。
ここで危険なのは、だから民主党がダメだという安易な判断をしてしまうことです。
国家の運営は災害対策がすべてではありません。
「民主党の中の災害対策という『部分』がダメ」
ということです。
逆に民主党が正しい「部分」もあります。
それは自民党にも他の政党にも言えることです。完全に正しい政党も完全に間違っている政党もありません。
面白い出来事がありました。
この時期のプロ野球のナイター開催に反対してた人がいたんですが、彼は民主党が嫌いなんですよ。
で、民主党の蓮舫議員がナイター開催を自粛する要請をしたニュースを見たとたん、彼は、
「蓮舫がそう言うのならナイターに賛成する!」
と言い出したんですよ。
こうなったらもはや思想も何もなく支離滅裂です。人物そのものを好き嫌いしてしまうと、そういうことになってしまうという事例です。まあ極端ですけどね。
とにかく大事なのは人物単位で判断するのではなく、個々の事象の中身を検証することです。
それらを客観的にきちんと判断するために、ボクは特定の政党や人物を支持することなく今後も一つ一つの事象ごとに判断したいと思っています。