読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで使える外部キーボードの現時点でのまとめ

iPhone

Bluetoothキーボードが出揃ってきた


ここのところiPhoneで使える外部キーボードの記事を続けていますので、考え方をまとめてみます。
iPhoneのメリットは自由にどこへでも気軽に持ち運べる事です。
画面の小さささえ我慢すればiPadよりもおおむね優れています。
iPadはiPhoneよりも大きくて重いので持ち運びでは不利です(電車などで片手で気軽に使えません)し、カメラの性能も大幅に劣ります。さらにフリック入力ができないので、文字入力でもiPhoneよりも不便だったりします。
iPadでできることは、ほぼすべてiPhoneでできてしまいます。なので画面の大きさ以外の面でiPhoneユーザーがiPadを買っても結局、室内での使用が大半となりそうで、となるとパソコンのほうがはるかに文字入力が楽で速いわけです。
そこで、iPhoneの可搬性(持ち運びの便利さ)を台無しにしない程度の大きさの外部キーボードがあれば、iPhoneの弱点の一つである文字入力(弱点と言ってもフリック入力のおかげでiPadや普通の携帯電話よりははるかに便利ですが)を改善できつつ外出先での使用がさらに便利になるわけです。
わざわざ外付けのキーボードを持つわけですから、iPhoneのフリック入力よりも速く入力できないと意味がありません。
となると必然的にタッチタイピング(キーボードを見ないで高速で入力する)ができるモノになります。
iPhoneで使える外部キーボードはたくさん売られていますが、あまり小さすぎるタイプのキーボードだと、キーを見ながら入力する事になり、かえって遅くなってしまいますので、あまり意味がないと思っています。
で、ボクは実際に実物をいろいろと試してみました。
そんな中で、人にオススメしてもいいかなーというキーボードを紹介します。


まず、これ。Apple純正。
JIS配列とUS配列


アップル純正キーボードはMacと同じ感覚で打てます。基本的にキーの大きさや配置は、このワイヤレスキーボードもMacBookもiMacもみんな同じですから、普段からMacを使ってる人は問題なく使えますし、Windows使ってる人もちょっと慣れが必要なだけでほとんど問題なく使えます。
ただ、その分、横幅はノートパソコン並みの大きさですので、持ち運びにはちょっと不便かも。


次が、以前から書いている折りたたみタイプ。すごくたくさんの種類が出ていますが、ほとんどがOEMですので、実は販売会社が異なるだけで中身は同じだったりします。そんな中で、iPhone特有のホームボタンなどが付いているこれらがオススメ。


3つとも同じだと思っていいです。エレコムのほうが安いようですね。あとホワイトも選べるので、ボクならこれかな。
持ち運ぶときは半分に折りたためますし、iPhoneを立てるスタンドも付いています。
開いたときはほとんどパソコンのキーボードと同じ大きさなのでタッチタイピングができる人はかなり高速に入力できます。
ただし折りたたむ境界線の関係で、BとかVとかHとかGあたりのキーが微妙に大きさや配置がずれてます。
ちょっと気になるかもしれません。いずれにせよ、外出先でもブログなど長文を書く人には良い選択だと思います。
ただ、折りたたみ構造なので、耐久力が気になるのと、毎回開いたり閉じたりするのが面倒かもしれません。


次はこれ。

折りたたむのではなく丸めるという発想です。シリコンなのでグニャグニャですが、意外と入力しやすいです。タッチタイピングができる人ならなかなか快適に入力できますし、持ち運びもとても楽です。
ぐにゃぐにゃなので、ヒザの上などで入力はできません。


次はこれ。実はボクは上記の折りたたみよりも、もしかしたらいいかも?と思っているキーボードです。
JIS配列とUS配列

このキーボード、キーの間隔が15mmほどで小さいんですが、実際に入力してみたところ、じつに見事にタッチタイピングできます。タッチタイピングができるギリギリの小ささに設計されている事がよくわかります。
これよりもさらに小さいキーボードもありますが、タッチタイピングできません。
この大きさでタッチタイピングができ、しかも幅が22cmほどしかありませんのでバッグに楽々入ります。上のApple純正は幅が30cmほどあります。
なかなか頑丈な感じで、気軽に外に持ち出したくなるキーボードです。おまけに結構安いです。シリコンと違ってヒザの上でも入力できます。
iPhoneの可搬性を犠牲にせず、iPhoneよりも高速に入力できるキーボードとしては、これが今のところベストだと思います。


最後はおまけ的に紹介しますが、けっこう人気があるタイプのキーボード達です。

最大の特徴は、これら自体がiPhone用の保護ケースであり、iPhone4と一体化することです。一体化するので持ち運びは全然苦になりません。
ただし小さすぎるのでタッチタイピングは無理です。いちおうパソコンのキーボードに近い配列なのである程度は速く入力できますが、フリック入力に慣れた人なら、このキーボードを使うよりもフリック入力のほうが速いと思います。そのほうがそもそもこういうキーボードを使わずに済みますし。
それでも、フリック入力に慣れていない人には人気が高いようです。


関連記事
iPhoneでのフリック入力の高速性と改善要望(iPhoneは普通の携帯電話より文字入力が早い)