読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの「ホーム画面に追加」機能を使っていますか?(知ってそうで意外と知らないiPhoneの機能シリーズ)

iPhone

好きなインターネットのページをiPhoneのホーム画面に置く


iPhoneでインターネットのサイトを見るときはWebブラウザであるSafariを起動します。
iPhoneのSafariではパソコンのWebブラウザと同じように、気に入ったページはブックマーク(お気に入り)に登録する事ができます。
次回からはブックマークから登録したページを選ぶだけで、そのページを見る事ができます。
ブックマークに登録するにはSafariの画面の一番下の真ん中にあるボタンをタップします。
タップすると、こんな画面が出ますよね。

ホーム画面に追加

この時、「ブックマークに追加」を選べば、そのページがブックマークに登録されますが、その下にある、「ホーム画面に追加」を使うと、ブックマークではなく、iPhoneのホーム画面上にそのページのアイコンが登録されます。
例えば、iPhoneでApple社のページを見てみます。
iPhoneを買ったら最初からSafariのブックマークにApple社のページが登録されていますので、タップしてみましょう。
するとこんなふうにAppleのサイト全体が表示されました。

Apple社のサイト

試しにこのページをブックマークではなくホーム画面に登録してみてください。
こんなふうにホーム画面にApple社のアイコンができたのがわかりますか?

アイコンができた

このアイコンをタップすると、先ほどと同じようにApple社のサイトが開きます。
ひんぱんに訪れるサイトなどはSafariのブックマークを開くよりも、ホーム画面に登録しておいたほうが楽かもしれません。
実は、こうやってホーム画面にWebサイトを登録する方法は、Safariのブックマークに登録するのと比べて異なる点があります。
例えば、さっきのApple社のページをピンチイン(2本指を開いて画面を拡大)してみてください。
こんなふうになりますよね。

ウェブページの状態を記憶

この状態で「ホーム画面に追加」してみてください。
できたらホーム画面のアイコンをタップしてください。Safariのブックマークから開いたときと違って、画面が拡大したまま開きましたよね。
そうです。
Safariのブックマークに登録した場合、ページを開くといつもページ全体が表示されますが、ホーム画面に登録した場合は、画面の拡大の状態もきちんと記録してくれます。
ちょっとした違いですが、よく見に行くサイトでいつも見やすい大きさに拡大表示している場合には便利だと思います。