読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ラーメン炙り@北千住…濃厚なのにスッキリの満足度の高いスープと風味ある弾力麺

ラーメン

炙り


北千住駅の近くにある、つけ麺・ラーメン店、


ラーメン炙り(食べログのページを開く)


に行きました。


店名:ラーメン炙り(お店のWebサイトはこちら)
場所:北千住
品名:つけ麺
点数:90点 [ 100点 ← おいしい → 50点 ← おいしくない → 0点 ]
感想:
この4月にオープンしたばかりの新店です。ラーメン・つけ麺好きな人間として、新しい店がオープンするのはうれしい限りです。
新しい店なので、当然キレイなんですが、それよりも店員さんたちの元気さと丁寧さが新店らしくて良い感じです。
ボクは店長さんから声を掛けてもらって訪問したので居心地良かったですが、他のお客さんも丁寧な接客にきっと満足されてるでしょうね。
ボクがよく人に言うのは、美味しいつけ麺は、麺そのものが美味しいので、スープに浸さなくても味わえるということです。
ラーメン炙りのつけ麺の麺は、非常にぷりぷりしていてみずみずしいです。つけ麺界の”讃岐うどん”とでも言いましょうか。かえってわかりにくい?
まずはいつもどおりスープを付けずに麺だけをそのまますすります。ん!?見た目のみずみずしさと裏腹に小麦の味がしっかり出ていますね。
いわゆるつけ麺の先行有名店(六厘舎やTETSU)のコシの強い重い麺とは違ってやや弾力系。歯ごたえが心地良いです。
さて、麺だけを食べ続けるわけにはいかないので、まずは一口目の麺をスープに浸します。
スープは見た目はかなりの濃厚系。つけ麺で主流の魚介豚骨の色ですね。
で、口に入れると、おや、かなりスッキリ。
鶏ガラ、豚骨、サバ節、カツオ節などの材料を特殊な方法で10時間煮込んだそうなんですが、特徴はとにかく見た目の濃厚さを裏切るスッキリ感。ほとんどベトベトしません。
化学調味料を使っていない事も影響しているんでしょうね。
同行したボクの友人も、
「濃厚なのにスッキリ」
と意見が一致していました。
美味しいつけ麺店はたくさんあって、濃厚な事が多いんですが、そう言う店の多くは、食べていて後半になると飽きが来るんですよね。
前半は非常に美味しくてスタートダッシュに成功するも、後半に飽きが来て息切れ。
でも、ラーメン炙りのスープはマイペースランナー。最初に美味しいと思わせておいて、そのレベルが最後まで続く感じです。
たくさんの店で数え切れないほどつけ麺のスープを味わったボクですが、この”濃厚スッキリ系”はオリジナリティがあって好感度です。
店名にある炙りチャーシューもずっしりと入っていて、こちらはスープのスッキリをカバーするようにしっかりとした味付け。
なかなかのバランス感です。
最後にスープ割りをお願いしました。単に割り下だけではなく、細ネギなどちょっとした薬味も入れてもらえました。
おまけとしてのスープ割りではなく、もう一品としてのスープ割り。その考え方が伝わってきました。
つけ麺界では、魚介豚骨が主流で、どこもかしこも右へ倣え状態です。
そんな中、濃厚スッキリスープと重くない麺で、男性だけではなく女性にもかなりオススメできる(コラーゲンもたっぷり)つけ麺として記憶に残りました。
近所の人が行くだけにとどまらず、遠方からも足を運びたいカテゴリのお店です。
また残りのメニューも食べに行きたいです!

北千住-炙り