読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

超お手軽にレギュラーコーヒーを飲める毎日 Russell Hobbs パーソナルコーヒーメーカー

家電

サーバーの無いコーヒーメーカーはラク


コーヒー好きですか?
割りとインスタントコーヒーを飲んでいる人、多いんじゃ無いでしょうか?
カップにスプーンで入れてお湯を注ぐだけですから確かに簡単です。
でも、インスタントコーヒーってコーヒー豆を砕いたものでは無いんですよ。知ってました?
あれって、(めちゃくちゃおおざっぱに言えば)コーヒーに水を注いで出た液体を乾燥させて残った粉末です。
それに再びお湯を注いで飲んでいるわけです。
まああれはあれでおいしいですが、本来のコーヒー豆の風味を味わうなら、やはりインスタントでは無くレギュラーコーヒーを飲みたいものです。
でも、たいていは面倒なんですよね。
コーヒー豆をドリッパーに入れて、水をタンクにセットして数分間するとサーバーにポタポタとコーヒーがたまっていく。
面倒なのは自分がたった一杯飲むだけなのにドリッパーとサーバーを洗わなきゃならない点です。
ボクもそう考えていました。
でも今は違います。
ボクが使っているコーヒーメーカーを紹介します。

このラッセルホブスのコーヒーメーカー、まず何と言っても安いです。めちゃくちゃ安いです。
一人1台持てます。
これ、何が便利かと言えば、ポタポタ落ちてくるコーヒーをサーバー(ガラスの容器)では無く、直接マグカップで受けるという点です。
なので抽出が終わったら、そのまますぐに飲めます。
当然、サーバーを洗う必要もありません。
このマグカップも商品に含まれています。もちろん市販のマグカップでもかまいません。
こうすることで、サーバーを洗う手間が無くなります。
ドリッパーに一人分のコーヒー豆を入れ、タンクに一人分の水を入れる。目盛りが付いているので簡単に一人分がわかります。
たったそれだけです。3〜4分ほどで、ちょうど一人分のコーヒーができあがります。
終わったら、ドリッパーを外して豆を捨ててさっと洗うだけです。30秒ほどです。
タンクの水洗いも不要、サーバーも無し、まさに自分で気軽に一杯だけコーヒーを飲むのにちょうど良い設計です。
本体はとても小さくて軽く、どこにでも持って行けます。
金属フィルターも付いているので紙のフィルターも不要です。
これだと、インスタントコーヒーを作るのとほとんど変わらない手軽さでレギュラーコーヒーを作ることができます。
毎日、レギュラーコーヒーを気軽に飲めるようになると、今までインスタントコーヒーしか選べなかったコーヒーの銘柄の選択肢がぐっと増えます。
街のコーヒー店から挽き立てのコーヒー豆を買ってくるのも良いでしょうし、スターバックスのようなカフェで買うのも良いでしょう。
ちなみにこのマシン、コーヒー豆だけでは無くお茶の抽出もできます。ただし緑茶だけは向いていないようです。
あと、当然ながらエスプレッソは作れません。
エスプレッソというのはコーヒーと違って高圧で短時間に抽出するので、カフェインも少なく濃厚な飲み物ですが、この話は別の機会にしますね。