読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

最速iPhoneアプリ制作術…ウェブベースのiPhoneのアプリを作る簡単な方のやり方を書いた書籍

iPhone

HTML5つまりウェブベースのアプリ制作


iPhoneやiPad、iPod touchに限らずMacのアプリを作るときにも使われるプログラム言語はObjective-Cで、これはC言語を拡張したような格好になっています。
C言語はもっとも著名な言語の一つで、世界中のあらゆる場面に使われていると言っていいでしょう。
いっぽうのObjective-CはApple専用言語と言っていいほどマイナーです。
今でこそiPhoneの大ヒットのおかげで使うプログラマーも増えつつありますが、もともとMac専用と言っても良く、CとかJavaとかC#といった言語の普及度には遠く及びません。
iPhoneでアプリを作りたいと思ったらObjective-Cを学ぶ必要がありますが、逆にObjective-Cを覚えてもAppleのハードウェア以外には使う場面はほぼ無いので、それであればCとかJavaと言った言語をマスターした方がプログラマーとしては仕事も得やすく、これがObjective-Cの大きなハードルとなっています。
ボクも自分で書いた文章を電子書籍化して、iPhoneなどでアプリとして出したいと思っていますが、そのためにObjective-Cを覚えるのはとても非効率です。
ところでiPhoneなどでアプリを動かすには別の方法があって、それはHTMLとJavaScriptを使う方法です。
パソコンでアプリを使う場合を思い浮かべてください。例えばWordやExcelはパソコンにインストールしないと使えませんが、Googleマップはどうでしょうか。
Webブラウザを起動してGoogleマップのページを見に行くだけでGoogleマップを見ることができます。パソコンへのインストールは不要です。
こういうパソコンへのインストールが不要でWebブラウザ上で動くアプリを一般にWebアプリと言います。
それに対してパソコンにインストールして使うアプリをネイティブアプリと呼ぶことが多いようです。
従来はネイティブアプリ中心でしたから、例えばWindows用のネイティブアプリはMacでは動きませんでしたし、逆も同様でした。
つまり機種ごとにアプリを開発する必要がありましたし、Windowsでしか動かないアプリが多いためにMacの台数シェアは低く、台数シェアが低いからますますアプリが出ないという循環が生じていました。
ところがWebアプリであれば機種は問いません。Internet ExplorerやFireFoxやChromeやSafariやOperaなどのWebブラウザさえあれば、WindowsでもMacでもLinuxでも、さらに言えばiPhoneでもAndroidなどでも同じアプリを動かせます。
こうなってくるとアプリを使うためにWindowsを選ぶ必要性は薄れるわけです。どの機種でも同じアプリが動くわけですから。
最近、Macのシェアがじわりと上がりつつあるのもそういった理由が大きいかもしれません。
ボクも普段、Macを使っている時間が長いですが、ネットをしたりメールやtwitterなど多くがWeb上のサービスですから、何の支障もありません。
ブログを書くときも基本的には知識は不要ですが、一部のデザインを変えたりするときにはHTMLと呼ばれる言語を使います。これは機種は無関係の世界共通言語の一つです。
Webアプリを作るのにも、このHTMLが使われています。
HTMLは言語と言っても、パソコンに動作を命令するわけでは無く、単に文章の体裁を指定するためだけの言語ですので、非常に簡単で、実際、プログラム言語は知らなくてもHTMLは知っている人はたくさんいます。HTMLがわかればホームページは作れます。
ただし、GoogleマップのようなWebアプリを作るためにはHTMLだけでは無理で、動作を命令するJavaScriptという言語が必要になります。これもほぼ世界共通の言語で、HTMLと組み合わせて使うことが多いので、完全ではないにしろ、多少は知っている人はかなりいます。
このHTMLとJavaScriptを使えばiPhoneのネイティブアプリ(つまりインストールするアプリ)は作れなくても、Webブラウザ上で動くアプリは作れます。
特に電子書籍のように、ページをめくる程度のアプリであれば、かなり難易度は低いです。
ただしWebブラウザ上で動くと言うことは、AppStoreに並べること無く、Webサイト上で起動できてしまうわけですから、AppStoreの課金システムが使えません。
電子書籍を公開して収入を得ることを考えている人にはWebアプリは、その意味でハードルが高いわけです。
作るのは簡単だけど、マネタイズ(収入化)が難しいと言うことです。
かといってAppStoreに並べるためには冒頭に書いたようにObjective-Cを覚える必要が出てきます。
ボクもそれが悩みでした。
しかし、その悩みを解決する書籍が発売されました。




この本はHTMLの基本的な知識と、ほんの少しのJavaScriptの使い方がわかれば、アプリを作ることができ、しかもそれとObjective-Cを結合させることによって、AppStoreに登録することもできるようになっています。
もちろんObjective-Cに関しては最終的にネイティブアプリ化する部分の最低限の部分だけですので、知識が無くても大丈夫です。
複雑に動くようなゲームなどのアプリは無理ですが、写真集とか電子書籍とか音楽アルバムのように、写真とか文章とか音楽をAppStoreで発表したい人にはぴったりの内容です。
この本の説明を読み、サンプルを使ったり少しの改良をすることで、ほとんどHTMLの知識だけでネイティブアプリができあがるようになっています。
ネイティブアプリですから当然、AppStoreに登録して売ることもできます。
ボクもまさに今、読み進めているところですが、これまでに読んだObjective-Cの書籍とは全く違って、はやくもアプリの形が見えてきました。
プログラミングの知識は無いけれど、HTMLを使ったことがある人で自分の写真や文章などの財産をアプリとして公開したい人は読んでみてください。