読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

MacBook Airで使える外付けDVDドライブ

パソコン

ブログ記事を再掲

このブログは、はてなダイアリーというサービスを使っていますが、1日あたりの文字数制限を超えると何の警告も無く古い記事が削除されるようです。
本当に、はてなダイアリーのサービスのいろんな面でのひどさにはたびたび泣かされますが、改善する気はあるのでしょうか?
有料でこのひどさですから、ボクも他の環境が整ったら、さっさと、はてなをやめたいと思います。
ともかく、先日書いたこの記事が削除されていたので、もう一度ここに書きます。


MacBook AirとDVD

MacBook Airで使える外付けDVDドライブに関する情報がとても少ないので、ボクが書くことにします。
MacBook Airで外付けDVDドライブを探している人は参考にしてみてください。


MacBook AirというのはDVDとかBlu-rayディスクとかハードディスクと言った回転型ドライブを搭載していません。
回転型ドライブが無いと言うことはそういったドライブに必要なモーターというものを搭載していないので、とても故障しにくいわけです。
特に、ハードディスクというのは非常に高精度なヘッド(磁気を読み取るための機械)のすぐそばで高速で円盤が回転しているので、ちょっとした振動でヘッドと円盤が衝突して故障してしまう可能性があります。これをクラッシュと呼んだりするんですが、クラッシュが起こると、最悪の場合、データが消し飛んでしまいます。
本体そのものを移動させることが想定されるノートパソコンとハードディスクというのは実はあまり良くない組み合わせなわけです。
その点、MacBook Airにはハードディスクの代わりにSSDが搭載されていて、SSDというのはメモリーの一種であり、モーターのような稼働部品が一切無いので、そもそもクラッシュの可能性はありません。
また稼働部品が無いと言うことは消費電力の低減にもつながります。
いっぽう、DVDやBlu-rayディスクと言った円盤形のメディアに関しては、Apple社はおそらく、クラウドコンピューティングを推進しているため、今後ますます使わなくなっていくと考えられます。
ご存じだと思いますが、すでにアプリや音楽や映画はiTunesStoreやAppStoreでダウンロードできるようになっています。実際の店舗まで買いに行ったりかりに行ったりする必要はありません。
わざわざディスクを用意して、それをパソコンに差し込んで読み取るなんてことはやめて、すべてネットからダウンロードしましょうという思想です。
そうすることで、パソコンにDVDドライブなどを搭載する必要が無くなり、よりシンプルに、より安く、より壊れにくくできるわけです。
とは言え、まだまだDVDやBlu-rayディスクを使う必要がある人も多いでしょう。
ボクも、映画や音楽はすでにディスクは一切使わずにダウンロードを利用していますが、一方で、自分で取ったデジカメの膨大な写真などは、DVDに保存しています。
ハードディスクだけだとクラッシュしてデータが消えてしまう危険がありますし、クラウドにデータを預けるのもまだまだ発展途上で容量も足りません。
映画や音楽なら、データが消えればまた買えば済みますが、自分で撮った写真はどこにも売っていないものなので、絶対にデータが消えないように配慮する必要があります。
そういう意味もあって、写真などはDVDなどの外部のディスクにもバックアップしています。
ちょっと余談になりますがDVDの豆知識をここで書いておきます。割りと重要な話です。
DVDでは規格が乱立してしまって、記録できるDVDには、


  1. DVD-R(一度だけ書き込みができる)…有機系色素、経年劣化しやすい
  2. DVD+R(一度だけ書き込みができる)…有機系色素、経年劣化しやすい
  3. DVD-RW(数千回の書き換えができる)…アモルファス金属、経年劣化しにくい
  4. DVD+RW(数千回の書き換えができる)…アモルファス金属、経年劣化しにくい
  5. DVD-RAM(10万回の書き換えができる)…アモルファス金属、経年劣化しにくい


大きく分けて、この5種類があると考えてください。
プラスとマイナスがあるのは、単なる企業間のライバル争いの結果生まれたもので、どちらがより優れているかというのはなかなか言いにくいです。
さて、よく見てください。1.と2.は1回しか書き込めないので、デジカメの写真を保存するような用途には向いていません。写真を撮るたびに、どんどん追加して保存する必要があるからです。
また1.と2.は有機系の素材が使われています。有機系というと難しい言葉ですが、例えば生物の体は有機体です。
生物がどんどん歳を取るのと同じで、有機体というのは劣化していきます。なのでデータの長期保存には向いていません。
すでに多くの大事な写真をDVD-RやDVD+Rに保存している人は、見直した方が良いと思います。
よって選択肢は3.か4.か5.になります。
ボクは単純に耐久性の圧倒的な大きさから5.のDVD-RAMを使っていますが、それにはもう一つ理由があります。
この写真を見てください。

DVD-RAMカートリッジ


こんな風に、DVD-RAMだけは、円盤がカートリッジに収まったタイプが存在します。これによってホコリや指紋や汚れの心配が低減でき、よりデータ損失の危険を減らせるわけです。
さらに、DVD-RAMには両面タイプというのが存在します。他のDVDは片面4.7GBという容量ですが、DVD-RAMはそれが両面あり、1枚で9.4GBの容量があります。これによってディスクの枚数を減らせますし、枚数が減ると言うことは、損傷のリスクも減るわけです。
また、他のDVDは書き込むためにはDVD書き込みソフトというものを起動する必要がありますが、DVD-RAMはハードディスクやUSBメモリなどと同じように、ごく普通にファイルを書き込んだり動かしたりできます。
取り扱いが非常に簡単です。
ところが、このカートリッジ式DVD-RAMは市場競争に負け、非常にマイナーな存在となってしまいました。
単純に価格が少しばかり高かったのと他のDVDとの互換性が低かったのが敬遠されたわけです。
現在、カートリッジ式のDVD-RAMを扱えるDVDドライブを作っているメーカーはほとんど無くなってしまいました。
でもご心配なく。

カートリッジから取り出す


こんな風に、中のディスクをカートリッジから簡単に取り出すことができるので、カートリッジに対応していないドライブでも扱うことができます。
カートリッジ式の長所の一つが消えますが、こればかりは仕方がありません。
さて、ここまでDVDの話をしましたが、次回はいよいよ本題のMacBook AirでのDVDドライブの話に移ります。


関連記事
MacBook Air用に選んだWindows用DVDドライブ - 非天マザー by B-CHAN
DVDドライブをMacBook Airで使う - 非天マザー by B-CHAN
新しいMacBook Airの13インチと11インチとで迷っている人へ その1 - 非天マザー by B-CHAN
MacBook Airのメリットを語る - 非天マザー by B-CHAN