読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのキーボードの設定を変えると劇的に楽になります

iPhone

フリックのみ


auがiPhoneを取り扱い始めたのを機に普通の携帯電話からスマートフォンに買い換える人も増えるでしょうね。
iPhoneを買ったら、とにもかくにもフリック入力をマスターしてください。
よく、普通の携帯電話よりもスマートフォンのほうが文字を入力しにくい、という話を聞きますが、よくよく聞いてみるとフリック入力を使ってなかったりします。
せっかく10の機能があるのに5の機能しか使わず、その結果、使いにくい、と判断するのはあまりにももったいないです。
使えば便利な機能なのに使わないから不便、ということですよね。
フリック入力はそんな便利な機能の一つです。一度覚えてしまえば普通の携帯電話に戻りたくなくなると思います。
そしてこのフリック入力、パソコンのキーボードを覚えるよりもはるかに簡単なんですよ。
フリック入力については以前の記事を読んでください。


iPhoneでのフリック入力の高速性と改善要望(iPhoneは普通の携帯電話より文字入力が早い)


さて、フリック入力は便利なことはわかってもらえたと思いますが、上記のページの最後に書いたように従来のフリックのキーボードには問題があったんですね。
例えば、「い」を連続で入力する場合は、「あ」のボタンを連続で左へフリックすれば済みます。
ところが、あ段(あ、か、さ、た、な、など)を連続で入力するときには、「あ」のキーを連続でタップしてもダメなんですよね。
連続でタップすると「あ」→「い」→「う」と変わっていってしまうんです。
なので、「あああ」と入力したい場合は、「あ」ボタン、「→」ボタン、「あ」ボタン、「→」ボタン、「あ」ボタンと、計5回もボタンをタップする必要があったわけです。
これは普通の携帯電話でも同じですよね。
しかし、今回リリースされたiOS5では改善されました。
設定アイコンをタップして、「一般」→「キーボード」→「各国のキーボード」→「日本語テンキー」→「フリックのみ」を選択してください。
もし「日本語テンキー」が無ければ、「新しいキーボードを追加…」から追加しておいてください。逆にフリック入力を使うなら「日本語フルキーボード」は不要なので外しておいてください。

これで、何かのアプリで文字入力してみてください。
「あ」キーを連打すれば「あああ…」と連続で入力できるようになったと思います。

また数字キーボードやアルファベットキーボードへの切り替えボタンが登場しているのもわかると思います。これで各キーボードへの切り替えもワンタッチで楽になりました。
数字キーボードでは「1」キーを連打すると「11111111」と連続入力できるようになっていますね。
今までけっこう面倒だなと思っていたのが改善されています。
ボクが上記のフリック入力の記事を書いたのが2010年6月です。1年以上たって、ついに改善要望がかなえられました。
普通のボタン付きの携帯電話では絶対に実現できないことですね。
今回また、スマートフォンのメリットを実感しているところです。