読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneの計算機の注意点

iPhone

一般の計算機とは違う


ソフトバンクだけではなくauでもiPhoneが発売され、ますますiPhoneユーザーの数は増えると予想できます。
ここで、初代iPhoneからずっと共通して気をつけておかなければならないことに触れておきます。知っている人は3年前から知ってると思いますが、新規のiPhoneユーザーの人は読んでみてください。
それは「計算機」アプリの話です。
計算機アプリは要するに電卓です。でもiPhoneを横にすると桁数と機能が大幅にアップする優れものです。
回転ロックをかけてしまっていると横にしても何も変わらないので、先日の記事を読んで回転ロックを解除してくださいね。


iPhoneユーザーの皆さん、iOS5では横画面のままで回転ロックできます。ってことは…


ボクは以前から書き続けているように、余分な物は無駄なので持たないようにしています。iPhoneで読書ができるので紙の本を買うことが減り、ニュースを見ることができるのでテレビを見なくなり、音楽を聴けるので音楽プレーヤーを手放し、ゲームができるのでゲーム機を手放し、スケジューラーがあるので紙の手帳を使わなくなり、電子辞書が使えるので専用の辞書を使わなくなり、写真を撮れるのでカメラを持たなくなり、各種クーポンが使えるのでクーポン券をサイフに入れることも無くなり、そして計算ができるので電卓を使わなくなった、という具合です。
こうやって今までの電卓に代えてiPhoneの計算機を使うようになって気づいたんですよ、重要な違いに。
普通の電卓を持っている人はそれを使って次の計算をしてみてください。
3+5÷2
答えは4になりましたよね。
次にiPhoneの計算機アプリを使って同じ計算をしてみてください。
答えは5.5になりましたよね。
わかりますよね。
一般の電卓は入力した順番に計算を行うのに対し、iPhoneの計算機はきちんと四則演算の規則(掛け算と割り算が先)に従って計算するのです。
だから例えば、
41×13+257-186÷31+98÷14
のようにちょっとややこしい計算をする場合、一般の電卓では、まず41×13を行って533を出し、186÷31を行って6を出し、98÷14を行って7を出します。
次に、その533と257を足して6を引いて7を足します。これで答えの791が出てきます。
ややこしいですよね。
iPhoneなら、そのまま前から順番に入力すれば791が一発で出ます。
とても便利ですよね。便利ですが、従来の電卓と同じ感覚で計算すると違う答えになるので、気をつけておく必要があります。
一般の電卓でこの計算を前から順番に入力すると答えはおよそ8.3917になりますね。


ついでに計算機アプリで使える便利ワザを二つほど紹介します。
一つは入力を間違えたとき。例えば123と入力したいのに押し間違えて1234と入力してしまったときは、数字が表示されている部分を横にスワイプしてみてください。右でも左でもどちらでも結構です。すると1文字分戻ることができます。

計算機



もう一つのワザは、数字が表示されている部分をプレス(長押し)するか、ダブルタップすると、コピーとかペーストすることができます。
コピーを選ぶと、その数字を他のアプリに貼り付けることができますし、ペーストを選ぶと他のアプリでコピーした数字を貼り付けることができます。

まさに一般の電卓ではできない、スマートフォンならではの使い方ですよね。
でも、スマートフォンならではと言えば、そもそもiPhoneにはこの標準の計算機アプリ以外にもたくさんの電卓アプリがあります。
その中から自分のお気に入りを探す事こそ、最もスマートフォンらしい使い方だと思いますよ。
ぜひAppStoreに行って探してみてください。
一つ、おもしろい電卓アプリを貼っておきます。これこそ、一般の電卓には絶対にできないことですよ。


人間電卓X

人間電卓X

  • Kyoko Higuchi
  • エンターテインメント
  • ¥100


人間電卓Xでさっきの計算を入力してみました。

人間電卓