読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

クリスマスプレゼントにボクがオススメするのは、とってもオシャレなこれ!

家電

カプセル型のエスプレッソマシン


スターバックス(STARBUCKS)を始め、カフェで飲むエスプレッソはとてもおいしいです。
自宅で気軽に飲みたくなりませんか?
と、そんな思いからボクもいろいろ調べ、実際に購入したモノがあります。
カフェポッドって知ってますか?
昔ながらの方法でエスプレッソコーヒーを作るのって面倒なんですよね。
粉をセットして抽出させて最後は片付ける。
なかなか素人にはうまくできません。
そこで登場したのがカフェポッドです。
これです。
カフェポッド


こんなふうに、一つ一つがポッドと呼ばれるカプセルのようなパッケージになっていて、これをマシンにセットして水を入れてスイッチを入れるだけ。
あとは注がれるのを待つだけです。
後片付けも、このポッドを捨てるだけ。とても簡単です。
このカフェポッド、各社共通規格になっていて、いろんな会社からいろんな種類のエスプレッソが発売されています。
例えばこんなふうに、いろんな味のエスプレッソがパッケージになったモノもあります。




エスプレッソマシーンもカフェポッド仕様のものがいくつかの会社から出ていますが、ボクが選んだのはこれ。




シルバー、ブラウン、レッドの3タイプがあります。他社のエスプレッソマシンとは一線を画していて、イタリアのスポーツカーのようにカッコイイデザインです。
デザインだけでは無く、性能も良いです。
カフェの抽出のためのボイラーとミルクの泡立てのためのボイラーがそれぞれ独立しています。
カプチーノのようにふんわりさせるのも簡単です。
水タンクも独立していて、本体から話せるので、水を入れたり捨てたりするのも簡単です。
ミルクピッチャーは、何でもいいんですが、ボクは同社純正品にしました。これもオシャレですし、形状もきちんとミルクが飛び散りにくくなっています。




あとは、エスプレッソ用の小さなカップ。白いタイプがオススメですね。エスプレッソ、カプチーノ、カフェオレ、マキアト、何にでも合います。




まあ何と言ってもとにかく楽しいです。インスタントコーヒーのようにスプーンですくってお湯を注ぐという味気ないものとは全く違います。
もちろん味も全然違います。


以上はカフェポッドの話でしたが、ライバル規格というのが存在します。
一番有名なのは、これです。

このネスプレッソも一つ一つがカプセルに入っており、とても簡単にエスプレッソが楽しめます。
こちらはネスレの専用品で、カプセルもネスレからしか販売されていません。
厳格な品質管理が行われており、カプセルもAmazonのような通販では買えず、ネスプレッソ専門店か、同社サイトでしか買えません。
非常に高級志向のカプセルエスプレッソです。
ネスプレッソ


一方、同じネスレでも低価格志向のカプセル型の商品もあります。それがこちら。エスプレッソカプセルの価格は上記ネスプレッソが1杯80円ほど、ドルチェグストは1杯50円ほどですね。
また抽出時の圧力もネスプレッソは最大19気圧、ドルチェグストは最大14気圧。
あくまでもドルチェグストはエスプレッソを簡単に安くお手軽に、ということです。


ちなみに、ちょっとした豆知識(エスプレッソだけに)を書いておきます。
コーヒーを抽出するときはお湯はゆっくりとポタポタ落ちます。重力に従うわけですね。
エスプレッソは高圧をかけて短時間で強制的に落とします。当然、力がかかるので濃くなります。
ただし、時間をかけてしみ出す成分なんかはエスプレッソの場合は出てこないと言うことになるので、厳密にはコーヒーとエスプレッソとでは成分が違うんですね。
例えば、カフェインなんかはエスプレッソの場合はお湯が短時間に豆を通り抜けてしまうので、ほとんど含まれません。
なので、夜、寝る前に飲むならエスプレッソの方が向いてるでしょうね。