読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

MacBook Air直りました。経過報告と原因の推察。

パソコン

MacBook Airが動かなくなった原因


事の顛末。
渋谷の近くで新しく事業をスタートさせたんですが、オフィスにあるメインのパソコンが古くて緩慢なんですよ。
いわゆる自己資本の現物出資をケチってしまうとそうなってしまうという事例です。
Windows xpでメモリが今時512MBしかないタイプです。
で、メーラーとWebブラウザを同時に起動しただけでHDDスワップが異常に発生して使い物にならないんです。
パソコンやWindowsカスタマイズの知識を総動員してバックグラウンドのサービスプログラムを停止したりしても限度があります。
というわけでボクの自宅のMacBook Airを昨日、オフィスに持って行きました。
そんなことして問題ないのかと聞かれそうですが、そもそもボクが代表でボクしかいないオフィスなので、事実上プライベートが仕事なんですね。
Windows専用のソフトウェアは仕方がないですが、今どきはネット上のWebアプリやクラウドがほとんどなのでWindowsでもMacでもまったく同じ事ができます。
よってLANに繋いでセキュリティ設定だけしっかりやって、MacBook Airで仕事を始めたんですよ。
自宅ではいつもACアダプタを繋ぎっぱなしなので自宅から持ち出すときはバッテリーは満タンでした。
面倒なのでオフィスにはACアダプターは持って行きませんでした。バッテリー使用ですね。
それがオフィスで使い始めて小一時間してちょっと離席して戻ってきて再びMacBook Airを触ろうとすると電源が切れていました。
それからはいくら電源ボタンを押しても全く無反応。電源が入りません。
その日はあきらめてMacBook Airを自宅に持って帰り、ACアダプターを繋ぐと、今度はACアダプターのランプが点灯しません。
つまり充電が始まらないんですね。
もちろんその状態でMacBook Airのスイッチを入れても無反応。
ACアダプターを家中のいろんなコンセントに差し替えても同じでした。
iPhoneを使ってネットで同様の症状を検索していろんな対応をしましたが直る気配無し。
そこで今日、朝一番から渋谷のAppleストアに持ち込もうと出かけました。
朝10時オープンですが、早めに9時半には店の前に着いたので近所のカフェでコーヒーを飲もうと思ったときに、財布を自宅に忘れてきたことに気づきました。
うーむ。別に財布が無くても電車はiPhoneの裏側にセットしてあるSuicaで乗れるし、財布が無くてもAppleストアにMacBook Airを持ち込むことはできるし、終われば帰ればいいだけ。
でもまだ時間は早い。
そこでいったん自宅に戻ることにしました。ボクの自宅は京王井の頭線東松原駅が最寄りなので、渋谷からは電車で9分です。
財布を取りに帰って再び来てもギリギリ開店に間に合うだろうという判断でした。
しかし実際は駅までの歩き時間などもかかるので、再びAppleストアに着いたときは10時を過ぎていました。
まあそれでも空いていたのでスタッフに事情を話すと、渋谷店では予約がいっぱいで修理ができるのが早くても水曜日(つまり3日後)になりますと言われました。
銀座店なら火曜日と言われたので、ボクは愕然としながらも渋谷店でとりあえず銀座店の予約を10時45分で取ってもらい、10時25分に渋谷店を出て銀座店に向かいました。
渋谷から銀座線で1本。銀座店に着いたのは10時50分でしたが、なんとかそのまま受け付けてもらえました。
スタッフがボクのMacBook AirにACアダプターを繋ぐと何とランプが点くでは無いですか。ということはボクのACアダプターが故障?
というわけでスタッフに調べてもらうと見事に故障してました。
正常なACアダプターに繋がったMacBook Airはしばらくするとちゃんと電源が入りました。
それで無事解決だったんですが、動作も緩慢になっているらしいので、SMC(システム管理コントローラ)とPRAMのリセットをしてもらいました。
結局、MacBook Airは問題無し。ACアダプターは交換となりました。
購入してからまだ5ヶ月なのでもちろん無償でした。
その後、自宅に帰ってからここまでの顛末を冷静に分析してみました。推測ですが、次の通りだと思います。

  1. おそらく昨日の段階ですでにACアダプターは故障していた。
  2. しかしいつもどおりMacBook AirにACアダプターを繋ぎっぱなしのボクはそれに気づいていなかった。
  3. 気づいてないので、当然バッテリーは満タンだと思ってボクはMacBook Airを持ち出した。しかし実際はバッテリーはかなり減っていた。
  4. バッテリーがかなり少ない状態でオフィスでMacBook Airを使い始めたので、すぐにバッテリーが空になり電源が切れた。
  5. 当然、そこではいくらやっても電源はつかない。
  6. 自宅に持って帰ってACアダプターを繋いだものの、そもそもACアダプターが壊れているのだから意味は無く、当然電源もつかない。
  7. Appleストアに持ち込んで正常なACアダプターを繋いだら、当然のように充電が始まり、電源が入った。


うーむ、この可能性が高い気がする。
今となっては、昨日の段階ですでにACアダプターのランプが消えていたかどうかがわからないので何とも言えないんですけどね。
とりあえずMacBookシリーズで電源が入らないという事例はネットで検索するとたくさん出てきますし、対応方法も書かれていますが、今回のようにACアダプターの方が壊れるという可能性もあるので、同様の症状の時は思い出してみて下さい。


関連記事
WindowsとMacとの違いを比べてみるシリーズ その1 初めてMacを触った人の動画を紹介
WindowsパソコンでもMacのようにきれいな文字でインターネットを見る方法
MacBook Airのエアージャケットセット(パワーサポート社)のレビュー
MacBook Airで使える外付けDVDドライブの話 その1
新しいMacBook Airの13インチと11インチとで迷っている人へ その1