読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneでキレイな写真を撮りたいなら、標準のカメラでは無く、これを使おう

iPhone カメラ

ピントと露出

皆さん、こんにちは!

iPhoneで写真撮影する人は多いと思いますが、皆さん、どのカメラアプリ使っていますか?
iPhoneには最初から「カメラ」というアプリが入っているので、それを使っている人も多いでしょう。
このカメラアプリはシンプルで素早く撮影するには良いのですが、カメラとしては致命的な欠点があります。
それはピント合わせと露出を別々に設定できない、という点です。
欠点と書いてしまいましたが、実は長所でもあるんですよね。
多くのオートマチックのデジカメでも採用されている顔認識機能。
あれって顔がきれいに写るような機能なんですが、具体的に言えば、顔にピントが合って、顔に露出(明るさ)が合うような機能なんです。
つまり人間の顔がきれいに写るようにカメラが自動的に設定してくれるわけですね。
この機能によって失敗写真というのはずいぶん減ったはずです。
が、しかし。
自分が狙ったところにピントや露出を合わせたい場合には面倒です。
AEロックという仕組みを使えばできるんですが、ここでは書かないので知りたい人は自分で調べるか、ボク宛にツイートしてください。リクエストがあればそのうち書きます。
さて、iPhoneのカメラアプリもピント合わせや露出合わせの機能はあります。指でタップした部分にピントや露出が合います(実はAEロックもあります→画面を長押し)。
ところがiPhoneのカメラアプリの場合、ピントを合わせる部分と露出を合わせる部分を別々に設定できないんですよ。
次の写真を見てください。
手前にピント


青い四角がタップした箇所です。手前の電話機をタップすると、電話機にピントがあるので文字がくっきり見えますが、電話機が白いので露出は抑え気味、つまり画面全体が暗くなって向こうのパソコンが真っ黒です。こういうのを黒つぶれと言います。
一方、次の写真。
奥にピント


向こうのパソコンをタップしました。パソコンが黒いため画面がグンと明るくなってピントも合ってパソコンが見やすくなりましたが、手前の電話機の文字はピンぼけですね。そして真っ白です。こういうのを白飛びと言います。
つまり、ピントを合わせたい物体に露出も合ってしまうわけです。これがカメラアプリです。
顔認識機能ってのは、まさにこれをうまく使っているわけです。顔にピントが合って顔に露出も合って明るさもちょうどいいので、一般的なスナップ写真を撮るのにぴったりですよね。
では、もし、手前の電話機はちょうど良い明るさで、かつ、向こうのパソコンにピントを合わせたい場合はどうすればいいでしょうか。
iPhoneの標準のカメラアプリではできませんが、それができるアプリが存在します。
有名なのを2つ紹介します。ボクは両方とも持っていますが、カメラとしてはどちらも使いやすいので、どちらでもオススメです。
安いのでできれば両方試してみてください。


ProCamera 7

ProCamera 7

  • Cocologics
  • 写真/ビデオ
  • ¥400
Camera+

Camera+

  • tap tap tap
  • 写真/ビデオ
  • ¥200


次の画面はプロカメラの例です。
露出とフォーカス


黄色い丸が露出(明るさ)で、青い四角がピントです。
露出を手前の白い電話機に合わせてるので、画面全体の明るさは抑え気味になります。
一方でピントは向こうのパソコンに合わせていますので、パソコンのキーボードがくっきりしていて、手前の電話機の文字はぼやけています。
このピントと露出を別々に設定できる機能というのは実はものすごく重宝します。
例えば、どうしてもピントを合わせたい物体が真っ白の場合、標準のカメラアプリなら露出が抑えられてしまうために画面は暗くなりますが、プロカメラやCamera+なら、露出を別の黒っぽい物体に合わせれば画面を明るくすることができます。
好きな物にピントを合わせながら、画面の明るさも調節できるということです。
高級なコンパクトカメラや一眼カメラなんかでも同じ事はできますが、iPhoneの場合はタッチパネルのおかげですごく簡単にできてしまうんですよね。
ボクはこの機能のおかげでiPhoneの標準のカメラアプリはまったく使うことが無くなりました。
これらのアプリは実に多機能で便利なんですが、ピントと露出を個別に扱えるという点だけで十分に買いだと思いますよ。


関連記事
携帯電話やiPhoneのカメラの画素数について(画素数が多いほど高画質だと思っている人へ) その1
写真をもうちょっとキレイに撮りたい人のための超初心者向けカメラ入門 その2 最近はやりのミラーレス一眼カメラとは?
2010年のiPhoneアプリのランキングとHipstamaticの紹介
道具が悪いのでは無い。人間が悪いのだ!スマートフォンの静音カメラに対する考察。