読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone、iPod、iPadユーザーの皆さん!iTunesで購入した過去の音楽をiTunes Plusにアップグレードしましたか!?

iPhone 音楽

高音質版に切り替え

不動産事業やってるので当たり前ですが、来る日も来る日も不動産物件の調査や検索などに走り回り、iPhoneの情報にまで手が回らないB-CHANです。
とは言え、仕事ではバリバリとクラウドを活用して、もうスマートフォンが無くては成り立たない生活をしています。
もし今でもガラケーを使ってたらどんなに不便か。考えるだけでも恐ろしいです。
さて、今回は音楽の話題。
今年の2月にAppleがiTunesで売ってるすべての楽曲のiTunes Plus化を果たしました。
iTunes Plusというのは、説明すると5日ほどかかるんですが、超簡単に言えば、

  • 高音質
  • 著作権フリー

の2点が特徴です。
今までiTunesで売られていた多くの曲は128kbpsという、要するに1秒間に128000個細かさでデータを持った音楽を再生していたんですが、iTunes Plusではこれが256kbpsになります。2倍、音質が良くなったと思ってください。
とは言え、ざっくりと聞いている感じではあまり違いはわからないですけどね。
クラシック音楽などを静かな部屋で耳を澄ませて聞けば違いがわかります。
そして256kbpsくらい高音質になると、それ以上上げても聞き分けられる人はほとんどいないと言われています。
もちろんもっと高音質にすることも可能ですが、そうするとデータの大きさも大きくなるので、iPhoneなどに入れられる曲数も減ってしまいます。
256kbpsというのは人間が聴くのに遜色なくて、かつデータ量も適切な、ちょうど良いバランスなんでしょうね。
そしてもう一つの著作権フリー。
これは良いです。
これによって今までiPhoneでしか聴けなかった曲がパソコンや他社製のオーディオプレーヤーなどでも自由に聴けるようになりました。
これまでは著作権保護によって同じ音楽が5台までの機械でしか聴けないなどの不便な制限があったんですが、それが無くなるわけです。
また、Apple製ではないiPhoneのアプリで、著作権保護機能に引っかかって音楽を再生できないアプリがありましたが、著作権フリー化によってアプリ内でも自由に聴けるようになりました。
というわけで、基本的にはiTunes Plusに変換することをオススメしておきます。
パソコンでiTunesを起動して画面の右にあるiTunes Plusというリンクを押せば変換可能な楽曲の一覧が出てくるので、あとは画面の指示に従うだけ。
iTunes Plus


曲単位なら1曲50円、アルバム単位なら購入価格の30%。
100曲なら5000円かかります。
これを高いと見るか安いと見るか。
ただ、1度やってしまえば、今後はずっと高音質かつどのパソコンにもプレーヤーでも自由に聴けるようになるんです。
ボクはもちろんやっちゃいましたよ。


関連記事
iPhoneで着信音を探すならiTunesStoreよりもこれ!
"空気吸うだけ" from "A Day In The Next Life" by 高橋幸宏
"ヴェネツィアの風に吹かれて" from "神様のカルテ" by 辻井伸行
iPhoneで再生する音楽や音声の再生速度を変化させる方法 その2 音楽・音声再生にベストな方法はこれだ!