読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneで丸いホームボタンをダブルクリックすると出てくるアプリ一覧はマルチタスクじゃ無いですよ。

iPhone

iPhoneのマルチタスク


iPhoneに限らず、スマートフォンってのは高機能高性能なのでバッテリーの減りが早いです。
特にAndroid機ってのはiPhoneより高機能で、ホントにマルチタスクをやっていたりします。
複数の作業を同時に実行するわけですから1つの作業を行うときよりもバッテリーの減りが早くなるのは当然です。
実はiPhoneは今のところ、Androidのような高機能なマルチタスクは行えません。
iPhoneのホームボタン(丸いボタン)をダブルクリックしてみてください。
画面の一番下にアプリがズラッとならんでいますよね。
アプリ一覧


よく勘違いされているんですが、これらはマルチタスクで実行されているわけではありません。
そもそもiOSはそこまで高機能ではありません。
これらは単に、これまで起動したアプリのアイコンが順番に並んでいるだけで、実際に動いているわけではありません。
なので、バッテリーの減りを少しでも減らそうと、これらのアイコンを消す人がいますが、全然意味はありません。
一部だけ例外があります。
例えば音楽再生アプリ。これは他のアプリが起動していてもバックグラウンドで音楽を再生し続けてくれます。当然、マルチタスクです。
あとは地図アプリ。これも他のアプリ起動中でも位置をとらえ続けてくれるのでマルチタスクですね。
それからSkypeのような通話アプリは、誰かからの着信を待ち受けておく必要があるのでマルチタスクです。
こんなふうに必然的にマルチタスクであるアプリは一部にありますが、ほとんどのアプリは別のアプリが前面に来ているときは動作を停止しています。
なのでバッテリーには何の影響も与えません。
iOSは低機能で高性能なOSです。
複数のアプリを同時実行するような高機能は持っていません。
でもユーザーがバッテリーの減りを防ぐためにわざわざアプリを自分で終了させるようなことをしなくてもきちんとアプリの動作を止めてくれるのです。
そこが高性能な所以です。


関連記事
iPhoneユーザーの皆さん、iOS5ではキーボードの設定を変えると劇的に楽になります
iPhoneで英文を読む人へ。楽して単語調べしましょうね。
iPhoneで使える外部キーボードの現時点でのまとめ