読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

テレビ放送をやめればいいのに

つぶやき

メディアは権力の監視役で絶大なチカラを持つので、メディアへの強い規制が必要


たまにテレビを点けると、テレビではあいかわらず評論家ぶった芸能人(←何回、この表現を使っただろう?)が、とんちんかんな評論をしています。
国民の皆さん、そういうニセ評論家には惑わされないように。
「自分たちがコンセントを挿せば簡単に電気が得られるという環境を見直さなければいけない」
と、原発に対する批判を展開しています。
ボク、思うんですけどね。
テレビの放送を夏の間、やめればいいのでは?
病院の電力や工場の電力が停止すると生活に困る国民はたくさんいますけど、テレビが無くて生活に困る事や命に関わる事ってありますかね?
テレビの放送をやめれば、テレビ局の電波送信の電力だけでは無く、全国に数千万台あるテレビのスイッチが入れられなくなるので、超巨大な節電になります。
すごく良い案だと思うんですけどねえ。
上記の番組、原発批判をした後の話題、
「さて次はレディ・ガガのニュース」
おいおい、芸能人のコンサートだって生活に必要の無い大きな電力を使うんだよ−。
それは批判しないのね。
やっぱり、テレビというでたらめ電波垂れ流しは停止した方が良いですね。
テレビをやめれば、節電になりますし、こういうでたらめに洗脳される人も減りますし、浮いた時間に本を読むなど、頭も少しは良くなりますよ。
需要があるから、電力会社は供給責任が問われるわけで、供給責任を果たすために、原発を稼働させるかどうかの議論も出てくるわけです。
テレビをやめれば、原発なんていらなくなりますよ。
国民の命を救うために、テレビ停止を!