読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Bumpアプリがパソコンにも対応!

iPhone パソコン スマートフォン

アドレス交換アプリ


同じ事を実現できるなら搭載するハードはできるだけ少ない方が好ましい、という記事を書いたことがあります。


出来るだけハードの実装を減らす(普通のケータイとiPhoneの思想の違い)
iPhoneがAndroidに対して持つもうひとつの利点とは


国産の携帯電話とかスマートフォンは赤外線通信機能をどんどん搭載しています。
メールアドレスなどを交換するためです。残念ですねえ。
iPhoneは赤外線機能は搭載していません。でも、赤外線以上に簡単にメアド交換ができます。
Bumpというアプリを使います。
Bump以外にも方法はいろいろありますが、とにかく赤外線というハードを搭載せずに実現できるんですから、その分、ハードに余分なコストをかけずに済むわけです。
メーカーは浮いたコストを別の部分に回せますね。
iPhoneのあの圧倒的に精密なタッチパネルはたっぷりコストがかけられている証です。
国産スマートフォンも見習って欲しいところです。
さて、このBumpというアプリ。


iPhone同士をコツンとぶつけるだけでメアド交換ができます。
これがこのたび、パソコンにも対応しました。
iPhoneにある写真やメアドなどをパソコンに送ることができるんですが、方法がユニークです。
iPhoneをパソコンのスペースキーにコツンとぶつけるだけなんです。
まず、パソコンのWebブラウザで、Bumpのページを開きます。


Bumpのページ


位置情報を許可します。
次にiPhoneもしくはAndroidのBumpアプリを起動します。ここではiPhoneを使いますね。
最初の画面にはあなたの名前やメアドなどの情報が出ています。
マイカード


これを左へスワイプしてみましょう。
カメラロールの写真一覧が出てきますね。
どれかタップして選択します。
カメラロール


あとはそのままiPhoneをパソコンのスペースキーにコツンとぶつけます。
iPhoneの画面に「接続」というボタンが出るのでタップします。
iPhoneをぶつける


するとほら、パソコンのWebブラウザに写真が移りました。
転送完了


簡単でしょ?
今のところ、パソコンへは写真しか送れないようですね。
ボクはこの方法がスマートだとは思いません。
ファイルをやり取りするならクラウドを使った方がトータルでは便利です。
しかし、赤外線というハードウェアを搭載しなくてもやり取りができるという考え方はとても重要だと思います。
やってみるとなかなか面白いので、試してみてくださいね。


関連記事
クラウドは何がいいの?難しいの?
せっかくのスマートフォンなので、キャリアメールではなくGmailを使いませんか?はるかに便利ですから。
EvernoteとDropboxとSugarSyncとOrbの紹介 その2 Dropbox編(iPhoneユーザーにもそれ以外の人にもかなり便利)