読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

WindowsとMacとの違いを比べてみるシリーズ その2 Macの場合、トラックパッドが優秀すぎてマウスが不要

iPhone パソコン

Macのトラックパッドは秀逸

さて、久しぶりのWindowsとMacとの違いを比べてみるシリーズです。
前回のを貼っておきますね。


WindowsとMacとの違いを比べてみるシリーズ その1 初めてMacを触った人の動画を紹介


iPhoneユーザーがずいぶん増えたので、同じAppleのMacというパソコンに興味がある人も増えたんじゃ無いでしょうか。
実際、Mac自体の販売台数は過去最高を更新するなど好調のようです。
といってもWindowsと比べると少ないので、まだまだ使ったことが無い人も多いでしょうね。
ボクは長い間MacとWindowsを併用しているので、それぞれの長所と短所もおおむね把握しているつもりです。
インターネットやメール、SNSなど、ほとんどすべてのことで、どちらを使っても弊害はありません。
同じ事ができます。
特殊な画像処理や用途、機材などはどうしてもシェアの高いWindowsに対応している事が多いので、そういう用途を想定している人はWindowsの方が良いでしょう。
さて、日常的な使用ではどちらを使っても大丈夫と言いつつ、ボクはMacをメインに使っています。
その理由はずばり、操作性です。
従来の携帯電話からiPhoneに乗り換えた人は、iPhoneの操作性の優秀性を感じていると思いますが、最近のMacにも取り入れられていて、実にiPhoneに近い動作をしてくれます。
その秘密がトラックパッド。
一般的にはタッチパッドと呼びますが、要するにノートパソコンのキーボードの手前にある四角い枠です。
パナソニックのレッツノートシリーズでは丸かったりしますね。
このタッチパッド、Windowsユーザーの皆さんは、マウスと比べると非常に操作性が悪く、結局ノートパソコンを買っても、横にマウスを置いて使っている方が大半だと思います。
ボクもそうでした。
Macのノート機を買ったときも、同じ気持ちでマウスを使っていました。
ところが、現在のMacのトラックパッドが登場したときには状況は激変しました。
とにかく使いやすいのです。
この写真を見てください。これが現在のトラックパッドです。
トラックパッド


ガラスでできた1枚の板です。一般的なタッチパッドにあるボタンが見当たりませんね。
実は、このトラックパッド全体がボタンになっています。
なので、決められた場所では無く、どこを押しても構いません。
「え?じゃあ右クリックはどうするの?」
と疑問に思う皆さん、右クリックは2本指で押すだけです。
1本指で押せば通常の左クリック、2本指で押せば右クリックのメニューが出てきます。
つまり、トラックパッド上のどこを押しても構わなくて、指の本数で区別します。
わざわざタッチパッドの左下や右下に指を持ってこなくてもいいので、画面から目をそらさなくても快適に操作できます。
従来のWindowsのタッチパッドはマルチタッチ(2本指以上)には非対応でしたから、こういう操作は不可能でした。
iPhoneで先進的な操作を採用したAppleがMacにもその快適性を取り入れたのです。
そのおかげか、今ではWindowsでもマルチタッチに対応した機種が増えてきましたが、相変わらず下の方にボタンがあり、操作性では一歩遅れていることは否めません。
現にボクもWindows機を使うときはマウスを使ってしまいます。
マウスというのはキーボードから右手を離すことになり、どうしても作業効率は落ちるんですよね。
特にボクのようにタッチタイピング(キーボードを見ないでキーを打つ)ができる人なら、Macのトラックパッドの操作性に絶大な快適性を感じると思います。
もう一つ、Macのトラックパッドの快適性を書きます。
それはスクロールと拡大縮小です。
iPhoneを使っている人ならわかりますが、スクロールは指を速く動かせばすごい勢いで画面が動き、徐々に遅くなって最後には止まりますよね。
そして画面の端まで行くと、ちょっと跳ね返ります。
現実世界の物体と同じく慣性の法則が働いているわけです。
Macでも同じスクロールを採用しています。
なので、長い画面でもトラックパッドを素早く指でなぞれば、高速にスクロールしますし、慣性の法則も働きます。
もちろんもう一度押せばピタッと止まります。
そして拡大縮小。
これもiPhoneと同じ。
2本指を広げれば拡大、狭めれば縮小。
これができるWindows機がまだまだ非常に少ないですし、できてもカクカクとぎこちなかったりします。
MacではiPhoneと同じように非常にスムーズに簡単に拡大縮小します。
もうこれは動画を見ていただいた方が速いですね。
2本ほど貼っておきます。






いかがですか?
もう一度書きますが、日常のネット、メール、SNS始め、ほとんどのことはWindowsでもMacでも可能です。
となれば、今まで未経験のMacの操作性を体験してみる気になりませんか。
特にiPhoneの操作に慣れている人は、今までのWindowsとの大きな違いに驚くことができると思います。


関連記事
WindowsとMacとの違いを比べてみるシリーズ その1 初めてMacを触った人の動画を紹介