読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

自宅でも光回線では無くWiMAXを使う生活のメリット

携帯電話 メール パソコン スマートフォン

WiMAXは配線を減らしたいユーザーに向いている


皆さんって、もうモバイルブロードバンドって使っていますか?
ボクはWiMAXを使っているんですけど、理由は単純で速度規制が無いからです。
一般的に多いのは、

  • 自宅のインターネットはNTTやKDDIなどの光回線
  • 携帯電話

この2回線だと思うんですよ。
ただ、ノートパソコンを持ち歩いてインターネットにつなぐ(メールなどを見る)人だと、この2つでは足りないんですよね。
ノートパソコンでインターネットするための回線がもう一つ必要です。
なので、最近はイーモバイルやWiMAXなどのデータ通信専門のモバイルWi-Fiが流行っているわけです。
そうなると、

  • 自宅の光回線……およそ6000円〜7000円
  • 携帯電話…およそ5000円〜7000円
  • モバイルWi-Fi…およそ4000円

毎月だいたいこれくらいの料金がかかります。1万5千円から1万8千円くらいですかね。
あと、外出時に携帯電話とモバイルWi-Fiルーターを持ち出す必要があります。
DoCoMoやauのスマートフォンなんかだと一部にテザリングができる機種があります。
その場合は、

  • 自宅の光回線……およそ6000円〜7000円
  • 携帯電話…およそ5000円〜7000円

となって、これだと持ち出すのはスマートフォンだけで済みます。
月額は1万1千円から1万4千円程度ですね。
ただし一定の通信量を超えると速度規制がかかります。うーん。
そこでボクが実行したのはこうでした。

  • 自宅と外出兼用のWiMAX…月額3880円
  • 携帯電話…およそ5000円〜7000円

つまり、自宅専用の光回線をやめて自宅でも外出時も同じWiMAX1本にしました。
こうすると、月額の総額が1万円程度に収まり、かつ自宅でも外出時でもノートパソコンがネットに繋がり、さらに速度規制がありません。
もっと言えば、自宅を引っ越すときでも光回線と違って何の手続きも不要です。
もちろん光回線と比べると速度は落ちますが、それは相対的なモノです。
光回線の速度を限界まで必要とする人で無い限り、全然問題無いと思います。
むしろ得られるメリットの方が大きいです。
家の中もすっきりしました。
これまでは壁から光回線のケーブルとモデム、ルーターが設置されていましたが、それがこのWiMAXのモバイルWi-Fiルーターだけになりました。
クレイドルに載せた状態


出かけるときはクレイドル(充電台)から外すだけです。
クレイドルから外した状態


UQ WiMAX自体は総額で4000円程度に収まります。
従来のプロバイダ(BIGLOBEとかniftyとか)をやめることによってプロバイダ料金も浮きますね。
プロバイダのメールが使えなくなりますが、いつも書いているように、スマートフォン時代、もうGmailなどのクラウドメールを使えば問題無いです。
いや、むしろ便利で低コストです。
プロバイダを乗り換えたらメールアドレスが変わってしまうとか、携帯電話会社を乗り換えたらメールアドレスが変わってしまうなんていうのは過去の話です。
必要以上に高い料金を払って不便なネット環境を使っている皆さん。
上記の例を参考にして組み替えてみませんか。



関連記事
せっかくのスマートフォンなので、キャリアメールではなくGmailを使いませんか?はるかに便利ですから。