非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのGoogleで手書き入力ができるようになったので、やり方を図入りで書きます。

Google検索で手書き入力


Safariを起動してください。
Safariを起動


ブックマークから、「Google」を選んでタップします。
ブックマークのGoogleを選択


Googleのページが開くので、下にある「設定」をタップします。
設定


設定画面に変わったら、「手書き入力」欄の「有効にする」のボタンをタップします。
手書き入力を有効に


下にある、「保存」ボタンをタップします。
保存


これでGoogleの画面に戻ります。
戻ると画面の右下に「g」マークが登場していると思います。
していなければ、いったんページを閉じて、再びブックマークからGoogleのページを開いてください。
Google検索ページ


「g」ボタンをタップすると手書きモードになります。
手書きモードに


画面を大きく使って手書きで文字を書きましょう。
手書きで文字を書く


自動的に文字が認識されて入力欄に入力されます。
文字認識


続けて2文字目。
2文字目


同じように文字認識されて入力されます。
続けて認識


いかがでしょうか?
便利なのかどうなのか。
よくわかりませんが、Googleはこれからもいろいろ楽しいことをやってくれるでしょう。
Apple社はiOS6で自前のマップアプリを導入する予定ですが、Apple社が検索エンジンを自ら持たない限りは、Googleとは仲良しでいるはずです。
GoogleもAppleと仲良しでいるために、iPhone向けにいろいろとサービスを充実させるはずですからね。


関連記事
スマートフォンを新しく買った人は何が何でもフリック入力を覚えましょう。人生が変わりますから。
せっかくのスマートフォンなので、キャリアメールではなくGmailを使いませんか?はるかに便利ですから。
Googleアドレス帳とiPhone地図のすごーく便利な使い方の例(普通の携帯電話にはマネできないと思う使い方)