読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

パソコンで簡単にiPhoneの画面を動画で撮る方法、の続き!

iPhone パソコン

iPhoneの画面を動画で簡単に録画


iPhoneの画面って静止画を撮るならスリープボタン(iPhoneの右上のボタン)とホームボタン(丸いボタン)を同時に押せば、カメラロールに保存されます。
でもiPhoneの画面を動画で撮るならひと工夫必要です。
というわけで以前、こんな記事を書きました。


iPhoneの画面を動画でキャプチャする方法
パソコンに表示したiPhoneの画面を動画として保存する方法


しかーし!
このReflectionという便利アプリ、何と現行のバージョンには録画機能が付いています!
さっき気付きました、すみません。


Reflector Airplay Receiver - Mirror an iPhone or iPad to a Mac, PC or Android


というわけで、以前書いたようなQuickTimeを使わなくても簡単にiPhoneの画面を動画で撮れます。
以前の記事を参考にReflectionを起動してiPhoneの画面をパソコンに表示してください。
そしてReflectionの「Device」メニューを開くと、ちゃんと「Start Recording」というメニューがあります。
それをクリックすれば録画開始です。
録画開始


終了するときはもう一度「Device」メニューを開いて「Stop Recording」をクリックです。
録画停止


command+Rで録画開始・終了もできます。
音声もきちんと録音されますねえ。
保存するときに、
「Include device frame in recording」のチェックをオンにすると、iPhoneの画面だけでは無く本体の映像もいっしょに記録されます。
ファイル保存


保存されるファイルは.mov形式なので、いろんなデバイスで普通に再生できますし、YouTubeなどへのアップロードも簡単ですね。
いや〜。知らなかった^_^;
というわけで、あらためて動画を2種類貼っておきます。


Include device frame in recordingのチェックをオンにした場合



Include device frame in recordingのチェックをオフにした場合



関連記事
人々がこれだけスマートフォンに依存しているということを並べてみる