読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

auからSoftBankへ移る人よりもSoftBankからauに移る人の方が圧倒的に多くなると考える理由

iPhone

潜在的なMNPユーザー数は絶対的なユーザー数に比例する


大げさなタイトルを付けましたが、説明は実は簡単です。
auとSoftBankのiPhone5のサービスには若干の差があるのはこれまでに書いたとおりです。
その差を抜きにしても簡単に説明できます。
母数の差です。
SoftBankは過去数年にわたってiPhoneを販売し続けてきたのに対し、auはまだ1年。
しかもその1年も販売台数でSoftBankがリードしてきました。
なので、現時点では、iPhoneユーザーはSoftBankがずっと多いです。
さらにauのユーザーは基本的には全員、まだ2年縛りの期間内です。
また、iPhoneユーザーは比較的満足度が高いので、買い換えの際も他機種では無くiPhoneの新機種に乗り換える割合が多いと思われます。
これらを考えると新しいiPhone5に買い換えようと考えるユーザーはauよりもSoftBankの方が圧倒的に多くなります。
もしMNPをしようと考えるユーザーの比率が両社ともに同じ、例えば10%だとしても、母数の大きなSoftBankの方が絶対数が大きくなります。
仮に、

  • SoftBankの買い換え意思のあるiPhoneユーザーが1万人なら、10%は1000人。
  • auの買い換え意思のあるiPhoneユーザーが1000人なら、10%は100人。

両社の料金プランを調べてもらえばわかりますが、両社ともにMNPで他社から来たユーザーを非常に優遇しています。
簡単に言えば、料金面だけを見れば、SoftBankのユーザーはauに乗り換えるとお得ですし、auのユーザーはSoftBankに乗り換えるとお得です。
両社がMNPに対して優遇してると言う事は、MNPを考えているユーザーの絶対数(比率では無いですよ)が多いキャリア、つまりSoftBankの方が流出が大きいということです。
両社のMNP流出比率が同じ10%だとしても、母数の多いSoftBankからの流出がはるかに多いという理論ですね。
実際には、流出比率は異なるでしょうし、両社のサービスの差も影響しますから、数値は異なってきますが、絶対的な数値は上記のように考えられるというお話しでした。


関連記事
auのiPhone5の1ヵ月7GBの通信量制限に備えて自分が使っている通信量を把握しておく方法2つ
純増ではDoCoMoが独り負けなのに携帯電話の販売台数ランキングではDoCoMoが圧勝している件を理論的に検証する
iPhone5のauとSoftBankのLTEについて誤解しやすいこと
iPhone5のauとSoftBankのLTEについて誤解しやすいこと その2
自宅でも光回線では無くWiMAXを使う生活のメリット