読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iOS6は9月19日(日本時間の20日)リリース、それに備えてiPhoneをバックアップ

iPhone パソコン

OSのアップデート準備


iPhone5の販売開始は日本では9月21日。
しかしiOS6は一足先に米国の9月19日、日本時間では20日ですね。
時間帯はわかりませんが、今夜かも知れません。
iPhoneではiPhone3GS、iPhone4、iPhone4Sにインストールできます。
多くのユーザーがインストールすると思います。
新しいOSのインストールによって、どんなトラブルが発生するかも知れませんので、事前にiPhoneのバックアップを取っておきましょう。
iPhoneの「設定」アプリを起動して、「iCloud」→「ストレージとバックアップ」→「今すぐ」バックアップを作成」をタップするだけです。
パソコンにiTunesをインストールしてる人は、パソコンとiPhoneをケーブルで繋いで、iTunesの画面の左端の「デバイス」欄のiPhone名を右クリックして出てくる「バックアップ」をクリックしても同じです。
どこにバックアップを置くかを選ぶには、iTunesの「概要」画面の「バックアップ」という項目の、
「iCloudにバックアップを作成」
「このコンピュータにバックアップを作成」
を選択します。
前者は、さっきのiPhoneの「設定」アプリでのバックアップと同じで、Apple社にあるコンピュータ(iCloud)内にバックアップが保存されます。
後者はパソコン内に保存されます。
iCloudへのバックアップと、このコンピュータへのバックアップの違いと言えば、前者は音楽や動画のバックアップが行われない事です。
iTunesを使っていればiTunesに音楽も動画も保存されていますから問題は無いと思います。
とは言え、何が起こるかわかりませんから、両方にバックアップしておいたほうがいいでしょう。
iTunesのバックアップ画面


関連記事
auのiPhone5の1ヵ月7GBの通信量制限に備えて自分が使っている通信量を把握しておく方法2つ
純増ではDoCoMoが独り負けなのに携帯電話の販売台数ランキングではDoCoMoが圧勝している件を理論的に検証する
iPhone5のauとSoftBankのLTEについて誤解しやすいこと
iPhone5のauとSoftBankのLTEについて誤解しやすいこと その2
データはパソコンの外に保管しておくと便利。