読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iOS6のひどいマップアプリに見る希望の光

iPhone 地図

地図データの問題というより統合作業の問題


iPhone5を買った皆さん、また従来のiPhoneのOSをiOS6にアップデートした皆さん、新しいAppleのマップアプリのひどさに笑いが止まらない週末を過ごしている頃でしょうか。
Appleは最新の機能を提供している事を誇らしげに宣伝しています。
最新の機能を提供する事は素晴らしい事ですが、地図を使う大多数のユーザーは目的地に無事にたどり着く事を使用目的にしているはずなので、一番大切なのは何よりも地図の正確性です。
Appleの新しいマップがダメなところは機能でも情報の少なさでも無く、「間違い」が多い事です。
次の画像を見てください。新しいAppleのマップです。
東松原駅の位置


画面の上のほうで東西に走っているのは京王井の頭線。右上に新代田駅が見えます。左端に見えるのが東松原駅です。
しかし、画面の中央やや下に東松原駅を表すマークが見えます。
ここには線路は通っていないので、こんなところに駅が表示されるのは完全に間違いです。
Appleの新マップアプリはこういった間違いが随所に見受けられます。
つまり、機能がどうこうではなく、そもそも使い物になりません。
そして次の画面はMapFanというアプリの画面。もちろん正確です。
MapFanでの東松原駅


さて、なぜボクがこの2枚の画像を出したかというと、実は、この両方の地図データを作っている会社が同じ会社だからです。
インクリメントPという会社です。
多くのカーナビに採用されている地図会社なので、実績は十分です。
非常に残念なAppleの新マップアプリですが、希望の光が見えませんか?
例えば、地図を提供しているWebサイトはたくさんあります。
それらのWebサイトはみんな、自前で地図を作っているわけではなく、Appleと同じように地図製作会社から地図データの提供を受けているわけです。
そのデータをコンピュータの画面に表示できるように加工しているだけなんですよね。
だから、どのWebサイトも外観こそ違えど、どれも正しい地図を膨大な手間を掛ける事無く表示できるわけです。
Appleの間違いだらけのマップアプリも、Appleが地図を製作しているわけでは無く、インクリメントPから地図データを受け取って加工しているわけです。
なので、地図データそのものが間違っているわけでは無く、正しい地図データを画面に表示するプログラムのほうにミスがあるだけだと考えられます。
もし、地図データそのものが間違っているのなら、日本中の間違いを片っ端から修正しなきゃならないわけですが、地図データは正しくてプログラムにミスがあるだけなら、プログラムを修正すれば地図は正しくなるわけです。
よって、意外と早期に改善される気がするんですよね。
もちろん、これはボクの希望的推測ですが、少なくともデータ提供者がインクリメントPという本業の地図会社であることを考えれば、あながち外しているとも思えないわけです。




関連記事
GoogleがiPhone用のマップアプリをすでに申請したっぽいです。
iPhoneユーザーの皆さん、iOS6がリリースされましたよー。新マップの動画と新旧マップの比較も掲載します。