読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone5、5sのカード収納ケースはスペック社のCardholder Case for iPhone5よりも同じスペック社のSmartFlexCardケースをオススメ

iPhone

他人は気にせず自分の目的に合う道具を使えばいい


ボクはiPhoneのケースにSuicaを入れて使っています。
疑似おサイフケータイってヤツですね。
以前はdocomoのおサイフケータイを使っていて、それ以来、おサイフ機能の便利さを手放せない生活をしています。
電車に乗るときはケータイを改札にかざすだけ。
そのまま電車ではケータイで電子書籍やニュースを読み、降りたら、またそのまま改札にかざすだけ。
買い物も現金では無くおサイフケータイ。
本物の財布は持ち歩かなくても良いくらいの生活をしています。
iPhoneには今のところおサイフケータイ機能はありません。
Apple信者の人たちは、おサイフやワンセグなど不要!と叫んでたりします。
ボクもワンセグは特にいらないんですが、おサイフ機能は実際に便利に使っているので、いずれ搭載されることを心待ちにしています。
機能というのは有るのと無いのとでは有る方が便利なわけで必要の無い人は使わなければ良いだけなんですね。
無い方が便利なんてことは無いわけです。
iPhoneにも将来的にはNFCが搭載されるでしょうから、それをボクのようなおサイフケータイ好きは先取りしているだけの事です。
自分が便利だと思うなら他人を気にせず自分の意思で使えばいいのです。
だったら、Androidなどを使えばいいじゃん、となりますが、それでは解決しません。
なぜなら、AndroidではiPhoneの素晴らしい操作性は体験できないからです。
iPhoneの素晴らしい操作性とおサイフケータイの利便性の両方を満たすには、今のところ、カード収納式のiPhoneケースを使うしかありません。
道具の使用目的は人それぞれですが、すでにSuicaなどのおサイフ機能を便利に活用している人は、続きを読んでみてください。
そうで無い人は不要な記事です。
さて、ボクはiPhone4やiPhone4Sでは、このケースを使っていました。


カード収納型iPhoneケースの本命 Speck iPhone4/4S CandyShell Card が届いたのでレポートします


これと同じケースのiPhone5用が出るまではiPhone5を買わずに様子を見ていました。
そして、ついに見つけてしまいました。




実は、このSpeckという会社からは、もうひとつのiPhone5用カード収納式ケースが出ていて、この方が有名です。いろんなブログでも紹介されています。




【レビュー】iPhone 5用カード収納付きハードケース『Cardholder Case for iPhone5』 - Touch Lab - タッチ ラボ

SmartFlexCardのメリットはこんなにある


しかし、ボクはこのSP522よりも、上のSmartFlexCardをオススメします。
なぜなら、SP522のページを見に行ってもらえばわかると思いますが、SP522ではiPhoneの上下やボタン部分などはカバーせず、むき出しのままですが、SmartFlexCardなら、上下部分もボタンも完全にカバーされているからです。
マナーモードスイッチ、イヤフォンホール、ドックコネクタ以外の部分は完全に覆われています。
左側のボリュームボタンも、上部のスリープボタンもちゃんとカバーされています。
圧倒的に保護性能が高いです。
また、SP522はカード収納部分が出っ張っていますが、SmartFlexCardは本体と一体化していてデザインもスマートです。
さらにカードを出し入れする方向が違います。SP522は縦方向(長尺方向)にカードをスライドさせる必要があるのでスライド距離が長いですが、SmartFlexCardでは横方向へのスライドなので、スライド距離も短く出し入れが楽です。
またSP522ではストラップは付けられませんが、SmartFlexCardでは工夫すればストラップを付けられます。メーカー非公式なので保証はできませんが、取り付け方は下の写真を参考にしてください。
ボクの場合は、iPhoneは新機種が登場したときには買い換えて旧機種は売却するようにしているので、できるだけキズを付けずにキレイな状態で使い続ける事を心がけています。
特にiPhone5は本体に傷が付きやすいという報告もよく見かけますよね。
そういう意味では周囲を完全にガードしてくれて、かつ落下防止用にストラップを取り付けられるSmartFlexCardは最適です。
実際、手に持てばわかるんですが、非常にカッチリした作りで、iPhone5がピッタリと収まります。
またiPhone5になってケース自体も以前のモデルよりも薄くなっており、カード収納式であるにもかかわらず、非常に薄くて持ちやすいです。
さっきも書いたとおり、道具の使い方は人それぞれです。
もしこれを読んでいる人の中で、

  • iPhone5を使いたい
  • おサイフケータイ機能を使いたい
  • iPhone5をしっかり保護したい

という目的をすべて満たす人は、この保護ケースを選択肢に入れる事をオススメしておきます。


以下に写真を並べておきますね。
見やすくするために、明るめの写真にしてあります。写真をクリックすると拡大します。
ボクはiPhone5のブラックを買ったので、ケースもブラックにしました。
下部にストラップを巻き付けたので、下部が少し膨らんでいますね。
あと、iPhoneの裏側には磁気干渉防止のためにこれを貼っています。




上から
側面
裏面
外したところ
電波干渉シート
手に持ったところ


関連記事
出来るだけハードの実装を減らす(普通のケータイとiPhoneの思想の違い)