読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

電子書籍タブレットならKindle Paperwhite 3Gがダントツに良い7つの理由

タブレット

Kindleという黒船


電子書籍元年なんて言われていますが、別に世の中で電子書籍が流行ろうが流行るまいが、自分にメリットがあれば使えばいいですしメリットが無ければ使わなければいい、それだけの事です。
趣味趣向まで世の中に従う必要はありません。生き方は自由です。
とは言え、今年は画面サイズが6インチから7インチクラスのたくさんの電子書籍向けの端末が日本にも登場したので、気になる人は多いでしょう。
知名度の高いモノと言えば、

  • AppleのiPad mini
  • GoogleのNexus7
  • AmazonのKindle
  • 楽天のkobo

ですね。
ボク自身はこれらが出る前から読書専用機として7インチのAndroidタブレットである、edenTABを使っています。




この機種は普通のAndroidタブレットなのでいろんなアプリを動かす事ももちろんできるんですが、操作性に関してはiPhoneの方がダントツに優れているので、edenTABではiPhoneよりも唯一優れている(あくまでも読書専用という意味で)点である画面の手ごろな大きさを活かして読書に活用しています。
もし今、ボクが上記に挙げた新機種たちの中で読書専用機としてひとつだけ選べと言われたら、迷わずKindle Paperwhite 3Gを選びます




性能的には他機種の方が上ですが、読書マシンとしてはこれ以上のものは存在しません。


メリット1.重量

とにかく軽いです。iPadは600グラム以上あり重すぎます。長時間の読書は無理です。ボクが読書用にiPadを選ばないのはそれが理由です。
iPad miniも軽いですがそれでも300グラム超。ボクの持っているedenTABも同じような重さで確かに軽いです。しかしタブレットは紙の書籍と違って画面に触らないように持つ必要があり、この重さでも多少のストレスになります。
でもKindle Paperwhite 3Gは222グラム。圧倒的に軽いです。おそらくストレスからは解放されるでしょう。


メリット2.電子インクが目に優しく、太陽光の下でも読める

他のタブレットはほとんどが液晶画面であり、バックライトで画面を照らします。
バックライトというのは人間の目に向かって照射されているので、目の負担は比較的大きいです。
Kindle Paperwhite 3Gは電子インクとフロントライトの組み合わせ。
目に直接光が照射されず、紙の書籍に非常に近い読書感覚です。
液晶と違って太陽光の明るさでも紙の書籍と同じように読めます。


メリット3.バッテリーが超長持ち

液晶画面やバックライトを作動させ続けるためにはバッテリーを消費します。
しかし電子インクはページをめくって表示を切り替える時以外はバッテリーを消費しません。
インクなので、電源を切っても画面を表示したままです。
こういった特性のおかげでバッテリーが非常に長持ちで、他のタブレットがせいぜい数時間のバッテリー維持時間なのに対し、Kindle Paperwhite 3Gは1回の充電で8週間持ちます。2ヵ月ですね。
家電と言うよりも紙の書籍と同じ感覚で使えるくらいメンテナンスフリーだと言えます。


メリット4.画面サイズがちょうど良い

他のタブレットがおおむね7インチクラスですがKindle Paperwhiteは6インチ。
実際にボクが7インチタブレットで読書していて思うんですが、持ちやすさでいえば7インチはギリギリで不快です。
6インチなら画面の大きさと持ちやすさがベストバランス。


メリット5.無料で3G回線が使える

これが他の機種には無い最大のメリット
docomoの電話回線(3G)に無料で接続できるので、外出先でもどこでもネットで書籍を購入できます。Kindleストアと付随サービスに限りますが、docomo回線を無料で使い放題というのは画期的です。
もちろんWi-Fiも内蔵しているので自宅などに無線LAN機器があるなら、そちらからより高速でダウンロードできます。


メリット6.プラットフォームが広い

これは他のKindleのタブレットにも共通の特徴です。
Kindleのタブレットだけではなく、Windowsパソコン、Mac、Android機、iPhoneやiPadなどでもKindleアプリを使えば書籍を読めます。
いったん購入したアプリは、どのマシンでも自由に読めますし、読書の進捗度やしおりなどもきちんと同期されます。


メリット7.安い

他のタブレットと比べても安い方です。
そしてさっきも書いた3Gの回線使用料金がこの中に含まれています。
なので一度買ってしまえば、あとはずっと3G回線を料金負担無しで使えます。


いかがでしょうか?
読書の虫が騒ぎませんか?
アプリを動かすなど、性能的には他のタブレットが優れていますが、読書専用機として使うなら、Kindle Paperwhite 3Gがダントツです。
画面は他機種と違って白黒ですが、読書には問題ありません。
たったひとつ残念なのは、あまりに人気があって、すぐに手に入らないことです。上記に貼ったAmazonのショップリンクで予約はできます。


その他の機種たち。