読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

圧勝に見えて圧勝では無いアメリカ大統領選挙の仕組み。皆さん、これくらいは知っておいてくださいね。

ニュース つぶやき

まずはプロ野球日本シリーズに例えてみる

アメリカ大統領はオバマ氏が再選されました。
ここでちょっと話を日本のプロ野球の日本シリーズに移します。
チームAとチームBが戦うとします。
最大で7戦まで行い、先に4勝した方が優勝です。
こんな展開を考えてください。


第1戦:チームA 15点 - 0点 チームB
第2戦:チームA 0点 - 1点 チームB
第3戦:チームA 20点 - 0点 チームB
第4戦:チームA 0点 - 1点 チームB
第5戦:チームA 18点 - 0点 チームB
第6戦:チームA 0点 - 1点 チームB
第7戦:チームA 0点 - 1点 チームB


結果は4勝3敗でチームBが優勝。
総得点はチームAが53点、チームBが4点。
次の様に書けます。
チームAは圧倒的な打撃力を持ちつつ、投手陣も3回完封、残りの4試合も1点ずつしか取られていない完璧な投手力。
チームBは7試合でわずか4点と極端な貧打、ピッチャーは7試合中3試合も二桁失点し、完封はチームAよりひとつだけ多い4試合。
この書き方だとチームAがどう考えても投手力、打線ともにチームBを圧倒しているんですが、優勝はチームBです。
なぜなら、勝利には打撃力も投手力も加味されず、単にスコアが1点でも上回れば勝ちだからです。
20対0で勝っても1対0で勝っても同じ価値なんです。


日本シリーズとアメリカ大統領選挙の類似点

実はアメリカ大統領選挙もこれに似ているんですね。
アメリカ大統領は有権者の投票によって行われますが、有権者が直接選ぶのは大統領ではなく、その地区の選挙人です。
選挙人をたくさん獲得した候補者が勝ちとなります。
例えばカリフォルニア州には選挙人が55人います。
もしカリフォルニア州の有権者の投票数が、
候補者A:1,000,000人
候補者B:999,999人
だったらどうでしょうか?
史上まれに見る大接戦ですよね。つまり有権者の支持は真っ二つに分かれています。
でも、選挙制度上では、有権者の得票数で勝った方がすべての選挙人を獲得できます。
この例では候補者Aが55人の選挙人を獲得し、候補者Bはゼロです。
有権者の支持は分かれているのに、選挙結果は55対0なんですね。
今回の大統領選挙ではオバマ氏はロムニー氏に圧勝したように見えますが、それは選挙人の数。
有権者の得票数で見ればかなりの接戦なんです。
一見、圧勝しているからと言って、その人が大半の国民の支持を集めているわけではない、ということです。
この勘違い、日常生活でも意外とやってしまう人が多いので、皆さん、気をつけてくださいね。
前にも類似の事例を書きましたよね。
未読の人は読んでくださいね。

択一式アンケートの恐ろしさと数字のからくりと世論


関連記事
空腹で死にそうな人が他人の食べ物を勝手に食べたときの日米の違い
物事の一面だけをとらえると間違えるお話
国の年金問題を詳しく知らない人へ。全国民に関係する事なので、ぜひ読んでみてください。わかりやすく書きます。
なぜ人工衛星の落下を心配するのかが理解しにくいという話
思い込みという誤解