読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneユーザーなら通話料不要の時代になりました

iPhone

FaceTimeの進化


ちょっと大胆なタイトルを付けてみましたが、本当です。


電波の内訳

SoftBankにしてもauにしても、iPhoneを契約している人は基本的にはデータ定額契約をしているはずです。
これはどんなに通信しても通信料金は一定額を超えないというモノです。
iPhoneなどのスマートフォンは小さなパソコンなのでデータ通信量は従来の携帯電話とは比べものにならないくらい多く、定額制にしておかないと、請求額がとんでもないことになってしまうからですね。
でも、通話料は別ですよね。
通話に関しては、従量制(通話時間に応じて料金は上がっていく)が採用されています。
なので、無制限に話しっぱなしというわけにはいきません。
1分、2分と話せば、通話料はどんどん上がっていきます。
例外として、同じキャリア同士(SoftBank同士とかau同士)なら、午前1時から21時までの間は通話料無料というプランはあります。
去年まではiPhoneはSoftBankだけだったので、iPhoneユーザー同士なら午前1時から21時までの無料通話を使っていた人が多いと思いますが、auにMNPしてしまって、このプランが使えなくなった人も多いでしょう。
自分はauにMNPしたけど、周りはSoftBankのまま、というケースなどですね。
次の図を見てください。
現在のiPhone5で使える電波を簡単に図示したものです。
iPhone5電波


第三世代(3G)と第四世代(LTE)の電波が使えますが、今のところ、音声通話に使っているのは3G電波です。
iPhone4S以前のユーザーはLTEは使えず3Gだけ使えると思ってもらって結構です。
繰り返しになりますが、この図でわかるように、音声通話というのは従量制です。
一方、インターネットやメールなどのデータ通信は定額です。


画期的なことが起こった

皆さん、実はiPhoneのOSがiOS6になったときに、画期的なことが実現しました。
iPhoneのFaceTimeが3GおよびLTEに対応したんです。
おさらいしておくと、FaceTimeというのはiPhoneに搭載されているテレビ電話です。
通常の電話回線を使った通話と違って、画像と音声をデータでやり取り、つまりデータ通信を行います。
従来(iOS5まで)は、FaceTimeは無線LAN(Wi-Fi)だけにしか対応していませんでした。
なので、家庭とか職場とか店舗で無線LANが使える場所に限られていました。
逆に言えば、無線LANが使える場所なら、通話料を気にせずテレビ電話し放題だったわけです。
遠距離恋愛カップルとか単身赴任家族なんかが双方でiPhoneと無線LANを持っておけば、距離も通話量も気にせず、ずっと話し続けることが可能でした。
そんなFaceTimeがiOS6からは3GやLTEに対応しました。
これはとてつもなく画期的なことです。
さっき書いたようにFaceTimeは音声通話では無くデータ通信でテレビ電話を行います。
そしてそのデータ通信が3GやLTEに対応したという事は、さっきの図で言えば上から2番目と3番目に対応したという事です。
つまり、定額制です。
そして3GやLTEなので、無線LANと違って携帯電話の圏内であればどこでもよい、という事になります。
ややこしく書きましたが、要するに、

携帯電話の電波の圏内であればどこでも通話料がかからずにテレビ電話し放題

という事です。
もちろんauとかSoftBankとか関係なく使えますし、午前1時から21時までと言う制限もありません。FaceTime同志ならいつでも誰でもOKです。
携帯電話で、いつでもどこでも通話料無しで通話し放題。
画期的ですよね。
せっかくiPhoneを持っているのにFaceTimeを使わずに普通に電話を掛けて通話料を支払っている人が多いようです。
もったいない。
テレビ電話が嫌で、どうしても音声だけが良い、と言う人は、iPhoneの正面のカメラを指か何かでふさげばいいのです。
FaceTimeの使い方はとても簡単。
普通にダイヤルしてFaceTimeボタンを押すだけです。
FaceTimeボタン


ひとつだけ注意すべきは、auユーザーやSoftBankでテザリング契約するユーザーは1ヵ月で7GBを超えると、その月末まで、データ通信速度が128kbpsに制限されてしまうと言うことです。
SoftBankでテザリングを使わないユーザーは7GB制限はありません。
意外と知られていない、このFaceTimeの3G、LTE対応ですが、実は通話料の概念を覆してしまうほどのインパクトがあるのです。
知らなかった人、通話料無しで通話したい人は積極的に活用してみてください。


関連記事
自宅でも光回線では無くWiMAXを使う生活のメリット