読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneのパスコードのちょっとした工夫

iPhone

パスコードを掘り下げてみる


iPhoneユーザーの皆さん、パスコードロックは使っていますか?
実は以前、こんな記事を書きました。

これは意外。iPhoneのパスコードを4文字より少なくする方法。


でも、iPhoneを使うたびにパスコードを入力するのもかったるいなあ、と思う人も多いかも知れません。
ボクもそんなタイプです。
で、ボクが行っているちょっとした工夫を紹介します。
別に特殊な事では無く、iPhoneの標準機能を使うだけなんですけどね。
設定アプリから「一般」項目に進むと、「パスコードロック」項目がありますよね。
その中に、「パスコードを要求」という項目があります。
これはiPhoneがスリープ状態になってからパスコードロックがオンになるまでの時間を設定できるモノです。
スリープからの復帰のたびにいちいちパスコードを入力するのが面倒な人は、この項目を少し長くしておけば面倒は減らせます。
ボクの場合は「1時間後」に設定しています。
ボクの日常生活パターンで言えば、ほぼいつもiPhoneは身につけていて、1時間以上放置することはまず無いからです。
その間に他人に自分のiPhoneを触られるリスクはとても小さいわけですね。
人によって生活パターンは異なるので、各自が自分に合った値を設定しておけば、リスクを抑えつつ手間も省けるわけです。
もちろん数値を大きくするほどリスクが高まることに違いは無いので、自己責任ですが。
パスコードロック設定画面 パスコードを要求までの時間


関連記事
Googleユーザー必読!2段階認証をオンにして安全性アップ 後編
iPhoneユーザーのみなさん、「iPhoneを探す」機能をオンにしてますか?実は「Macを探す」もできるんですよ。