読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

駅のホームからの転落対策にこういう設計は?

つぶやき

転落しても避難できる仕組み


少なからず起こる、駅のホームから線路への転落事故や突き落とし事件。
詳しい知識が無いので、思いつきで書くんですが、駅のホームと線路の設計って、この図のようにできないんでしょうか。
駅のホームの退避場所


ホームドア設置で転落防止と言っても、列車によってドアの数や車両の長さが異なるので、ホームドアで解決できない駅もたくさんあります。
なので、上図のように、転落しても確実に人間が収まる空間(ピンク色の丸い部分)があればいいと思うんですよね。
ホームの高さなんて線路からせいぜい1メートル前後ですし、ホームの下や線路の間の部分は細かい石とか土であれば、そんなに大きな怪我はしないんじゃないでしょうか。
別に鉄道路線の端から端まですべてをこうするわけでは無く、あくまでも駅のホーム部分だけで良いわけです。
鉄道経営、建築、工学、その他の専門的な観点で書いているわけではないので、もちろん何らかの弊害があるのかもしれませんが、いかがでしょうか?


関連記事
大きな事件に目を奪われて判断を誤るリスク
子供にシートベルトをさせない親なんて殺人未遂と同じくらい罪が重いと思う
物事の一面だけをとらえると間違えるお話
なぜ人工衛星の落下を心配するのかが理解しにくいという話
女性専用車両よりも必要なもの