読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneユーザーに大きなメリット。Google Mapsと他のアプリの連携が実現。

iPhone Google 地図

Google MapsアプリはiPhoneの標準アプリでは無い

iPhoneのOSをiOS6にすると、標準の地図アプリがGoogleからApple製になってクオリティが下がりすぎるというのは今年の大きな話題のひとつです。
で、先日、Googleが待望の地図アプリをiPhoneに出してくれました(ホント「出しました」ではなく「出してくれました」という表現が的確です)。


Google Maps登場。待望のiPhone用Googleマップアプリ。ストリートビューもバッチリ。


さて、このGoogle Maps自体は素晴らしいアプリなんですが、iPhoneの標準アプリでは無いので意味がないんじゃないか、という声が一部にあります。
例えば、他の何らかのアプリで住所をタップすると、結局はAppleの純正マップアプリが起動してしまう、という事です。
iPhoneというのは基本的には標準のアプリを変更することはできません。
この点が、Windowsパソコン、Mac、Androidなどとの違いです。
Windowsパソコン、Mac、Androidなどでは、自分の好きなWebブラウザやメールアプリなどを標準のアプリに設定できます。
iPhoneでは基本的には、アプリ内で、

  • URLをタップすれば標準のWebブラウザ(Safari)が起動
  • メール送信を選べば標準のメールアプリが起動
  • 住所をタップすれば標準のマップアプリが起動

するようになっています。
ただし、アプリ間の連携をする仕組みは用意されています
例えば、あるアプリ内でURLをタップすればSafariではなく他のWebブラウザが起動するようにできます。
もちろん、そのためには、アプリがそうなるように作られている必要がありますし、当然、他のWebブラウザもインストールされている必要もあります。
さて、問題の地図アプリ。
そもそもAppleはGoogle地図からの脱却のために自社の地図アプリを開発したわけです。
なので、アプリ内で住所をタップしたときに他社製の地図アプリと連携するような仕組みを認めるわけがない、なんていうウワサもありました。
つまり、そんな連携をするアプリはAppleが拒絶するというのです。
もちろんその可能性も十分ありましたし、でもそれはユーザーにとってはメリットにはなりません。


Google Mapsアプリの連携が実現

しかし、ここに来て光明が!
Staccalというカレンダーアプリが今日のアップデートでGoogle Mapsとの連携を実現してくれました。




ボクも愛用しているこのアプリ。
スケジュール内に場所も登録しておけば、「MAP」ボタンを押した時にGoogle Mapsを起動する事ができます。
カレンダー 予定 地図選択 StaccalからGoogle Maps


つまり、AppleはアプリとGoogle Mapsとの連携を認めたことになります。
これは、アプリさえ対応してくれればGoogle Mapsを標準アプリの代わりに使える事を意味するので、iPhoneユーザーにとっては大きなメリットです。
とりあえずボクはStaccalしか見つけていませんが、もしかしたら他にも実現しているアプリが登場しているかも知れません。
今後もどんどん登場すると思われます。
昨日書いた、Google Syncの終了の件も含め、これからも多くのiPhoneユーザーはGoogleに、良くも悪くも影響を受けそうです。


関連記事
Google Syncが終了するからと言って慌ててこれをやらないように