読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneユーザーのみなさん、ホームシェアリングを使っていますか?便利ですよ〜

iPhone パソコン 音楽

iPhoneに全曲を入れられない人へ

 

みなさん、こんにちは!

最近はiPodの販売台数よりもソニーのウォークマンの方が上回っているようですね。

まあiPhoneがこれだけ売れると、わざわざiPodを買わなくてもiPhoneで音楽を聞けるわけですから、当然といえば当然かも。

ボクもそんなユーザーのひとりです。

ところで、iPhoneやiPadユーザーは自宅のパソコンにiTunesというアプリを入れてiPhoneに音楽を転送している人が多いんじゃないでしょうか。

でも、iPhoneって、容量が限られるので、自宅のパソコンに入っている音楽をすべてiPhoneに転送できない、そういう人もまた多いでしょうね。

ボクもそうです。

外出の時は、それでも仕方がないですが、家にいるときにはちょっとした解決ワザがあります。

それは、ホームシェアリングという機能です。

 

ホームシェアリングとは

 

とても簡単な話で、パソコンに入っている音楽を家の中で共有しようということです。

やり方も簡単。

パソコンのiTunesを起動してください。

WindowsパソコンでもMacでもかまいません。

で、画面上の「ファイル」というメニューの中の「ホームシェアリング」という項目を見つけて、「ホームシェアリングを入にする」をクリックしましょう。

ホームシェアリングを入に

 

するとAppleIDとパスワードの入力画面になるので入力して、「ホームシェアリングを入にする」ボタンをクリックします。

iPhoneでアプリをダウンロードする時と同じIDとパスワードですね。

IDとパスワード

 

これで「完了」ボタンを押せばOK!

完了ボタン

 

これであなたのパソコンの音楽は、家の中の他の機器で共有できるようになりました。

もちろんホームシェアリング対応の機器じゃないとダメですけどね。

そのホームシェアリング対応の機器のひとつがiPhoneです。

では、あなたのiPhoneの「ミュージック」アプリを起動しましょう。

で、画面の一番下の右側の「その他」ボタンをタップします。

すると画面に「共有」という項目があるのでタップ。

共有

 

さらに、 iPhone●● ●●のライブラリ という感じで表示されます。

ライブラリ

 

この●●のライブラリというのがパソコン内のライブラリです。

つまりすでにパソコンのデータがiPhoneに転送されてきているのがわかります。

これをタップします。

これだけ。

一見、何の変哲もありませんが、「アーティスト」や「アルバム」ボタンをタップしてみてください。

あなたのiPhoneに入れていないはずのアーティストやアルバムが表示されるのに気づくはずです。

アーティストやアルバム

 

そうです。

あなたのパソコン内の音楽が、電波に乗ってiPhoneにやって来て表示されているのです。

どれかテキトーに選んで再生してみてください。

ちゃんとiPhoneから音が出ますよね。

自宅にいて、パソコンからiPhoneまで電波が届く限り、このホームシェアリングによって、iPhoneでパソコン内の音楽を聞くことができるんです。

わざわざ音楽を聞くためにパソコンの前に座る必要はありません。

知らなかった人、試してみてね〜。

 

関連記事

すべての曲に歌詞を自動的に登録してiPhoneで表示させる方法