読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ようこそ地球さん/星新一……超名作がやっとスマートフォンやタブレットで読める

iPhone 書籍 スマートフォン

処刑

しばらく、AmazonのKindleストアで新潮社の作品たちが買えない状態でしたが、いつの間にか復活していました。

それで、この記事が書けるようになりました。

星新一の作品を紹介したかったんです。

星新一作品は角川文庫などでも読めるんですが、やはり大半は新潮文庫。

1000編以上のショートショートを遺した作家で、ボクもほぼ全て読みましたが、一押しなのは「処刑」という作品。

これは、「ようこそ地球さん」という文庫に収録されています。

この本には42編のショートショートが収められています。





ボクが星新一を読み始めたのは高校一年生のとき。

その後に人生の親友となる友人と出会い、彼から教えられて「妖精配給会社」を読み始めました。

ショートショートという分野がある事を知ったのはその時で、この本にも35編もの作品が収録されています。

1編を読むのにせいぜい5分程度。

ボクはすっかりハマってしまったんですが、それは読むのが楽だからでは無く、1編が極端に短いのに非常におもしろく、しかもそれが大量に楽しめるからです。





その後、何冊も星新一の文庫を買い漁っていましたが、そこで出会ったのが上記の「ようこそ地球さん」にある「処刑」という作品でした。

この作品は、他の作品とは文体が異なっていて、また、星新一の作品の中では異色の長編です。

長編と言っても一般の小説よりはずっと短くて、20分もあれば読めてしまうんですが、読後感は凄まじく、その後の人生でも、心に残っている小説の1つとしてボクは人に語っています。

ストーリーはネタバレになるのでここでは書きませんが、星新一を未経験の人はぜひ読んでみてください。

星新一の代表作である「ボッコちゃん」から読み始めるのも良いと思います。

この本にはショートショートが50編収められています。