読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

特製コンデンス煮干つけ麺@666@駒澤大学

ラーメン

666


久しぶりに、つけ麺記事。
ちなみに、今日3月19日時点で、今年訪問したラーメン店は1月7軒、2月9軒、3月6軒の計22軒。去年は1月13軒、2月20軒、3月20軒と3ヵ月で53軒だったので、かなり減っています。半減ですね。
減らしています。
ダイエットとの兼ね合いです。


店名:666
メニュー:特製コンデンス煮干つけ麺
場所:東京都世田谷区駒沢4-19-11


長野県の人気店が東京へ。
メニューは多いが、煮干を全面に推している。
とりあえず今回は名前が印象的なコンデンス煮干つけ麺。
店内は白黒を基調に凝った意匠で、
座席もカウンター7席のみ。
完全に洒落たバーの雰囲気。
出て来たつけ麺に驚く。
赤い豚チャーシューと鶏チャーシューが添えられ、
さらにスープにも豚バラチャーシュー。
麺は美しい全粒粉。
いつもどおり、まずはスープに浸さずに麺を食すが、
素晴らしい風味。
やや柔らかめだがコシがあり、
恐らく最も支持できる麺のひとつ。
スープは強烈。
「無極」や「おらが」を超え、恐らく濃厚ドロドロ度は一番。
キーマカレーの食感。
煮干をすり潰して味噌と混ぜたものだろうか。
そして見た目のインパクトだけではなく、
味も素晴らしい。
あまりに濃厚なので飽きも早いが、
飽きさせるまでの動物風味豊かな甘さが、
食欲を強烈に掻き立てる。
具材は、刻みタマネギ、九条ネギ、3種のチャーシュー、たっぷりのメンマ、煮卵など。
見た目の押しの強さと、
それに負けない味の素晴らしさ。
わざわざ駒澤大学に足を運ぶ価値のあるつけ麺。


96点


666





ボクのEvernoteラーメンデータベースも見てくださいね!
Evernoteのラーメン写真


※食の好みは人によって異なります。
このレビューはボクの感想なので、同じ評価があなたに当てはまるとは限りません。


関連記事
2012年に食べた最高のラーメン・つけ麺たち
Evernoteで作るラーメン食べ歩き記録♪