読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhone5用のカード収納型ケースあれこれ

iPhone

iPhoneの快適さとおサイフケータイの便利さの両方を満たしたい

おサイフケータイはホントに便利ですねえ。
ケータイをそのまま駅の改札にかざして通り、電車内ではケータイで読書や調べ物やコミュニケーション。
そして降りるときもそのまま改札にケータイ。
いちいち財布や切符や定期券などを取り出す必要が無いです。
おサイフケータイだけならAndroidケータイが良いんですが、そうするとiPhoneの素晴らしい操作性を手放すことになってしまう。
両方を満たすためには、iPhoneを擬似おサイフケータイにするしかない、ということで、今回は、カード収納ができるiPhoneケースを集めてみました。
ボク的には、カードが収納出来れば何でも良いわけではなく、きちんとiPhoneを保護でき、日常の使い勝手も良い物が望まれます。
きちんと保護すると、こんなメリットがあるんですよ。

ボクが実際にやっている、激安で毎年iPhoneの新型に買い換える方法


というわけで、特徴があるモノを紹介します。
まずは、ボクが使っているこれ。




上記の製品については記事を書いたので読んでください。

iPhone5のカード収納ケースはスペック社のCardholder Case for iPhone5よりも同じスペック社のSmartFlexCardケースをオススメ


ほとんどのカード収納タイプのケースは、四方を保護しないんですよ。
上部や下部や向かって左側がむき出しのモノが多いです。
でもこのケースはきちんと周囲を保護します。
上面はスリープボタンもきちんと覆われています。右側はもちろん左側もマナーモードスイッチ以外はボリュームボタンなどもすべて保護されています。
下部もイヤフォン端子と充電端子の部分が開いているだけで、あとは覆われています。スピーカーのための小さな穴はありますが問題ありません。
また液晶画面の周囲の部分は少し高さがあるので、iPhoneをうつ伏せに置いても画面は浮いた状態です。
つまり保護ケースとしての役割をきちんと果たしながらカードも収納できるということです。
装着のしやすさ、四方完全保護の安心感、カードの出し入れのしやすさ、そして非公式ながらストラップを付けられる(上記記事参照)など、カード収納タイプのケースの中では抜きん出ています。
その上、価格も安いです。
非常にオススメです。
正直言って、このケースだけを紹介しておけばそれでいいと思っているくらいですが、それだと記事にならないので、次行きましょう。




上記のケースの特徴は薄さと軽さですね。カードを収納しても厚みは1cmを切るほどです。
ボク個人としては、iPhoneの上下やボリュームボタンがむき出しで保護性能が劣るのが気になりますが、価格も安くストラップ穴もあり、5色揃っているので、選択肢としては良いのでは無いでしょうか。
次はこれ。




安いです。特にAmazonでの価格が安いです。
とりあえずひとつ欲しい方どうぞ!
では次。




このケースは裏ブタをパカっと開けてカードを収納するんですが、そのフタが鏡になっています。
女性の化粧直しにも便利ですし、ボクなんかは目にゴミが入りやすい体質(?)なので、けっこう鏡を必要とする場面は多いんですよね。
カラーも豊富です。
では次。




一つ目と同じスペックコンピュータ社。この会社、数えきれないほどたくさんのiPhone用ケースを出しています。
これまたすごいですね。
カード8枚収納。
ボクには不要。
例えば、ヨドバシカメラなんかは、カードの代わりに会員証をiPhoneアプリにしていて、店頭で画面を表示すればポイントのやり取りをできます。
おサイフケータイを便利だと感じる人は、カードは極力減らすのが理想なので、そういうのに逆行したケースですね。
では次はこちら。




いわゆる手帳型のケースです。
フタが閉まるので落下に強いかもしれません。
カードを複数収納出来ますが、複数のカードを重ねたままだと電子マネーの読み取りエラーが出る可能性が高いので、このまま店頭で使うのなら、実際には1枚だけを収納することになりそうです。
スタンドとしても使えるのが便利ですね。
次はこれ。




これも手帳型ですが、もうちょっと高級品。
次はこちら。




裏面にフラップがあるので、スタンドとして立てることができます。
お次はこれ。




これは保護ケースではなくポケットです。iPhoneにこれを貼り付けてカードを入れます。
これを良いと見るかどうかは人それぞれですね。
最後はこれです。
最初のと同じスペックコンピュータ製で、たぶんカード収納ケースでは一番有名ですね。
でもボクは最初に書いた理由で、一番上のケースをオススメします。




以上、ここでは各モデルを1つずつ載せましたが、それぞれにカラーバリエーションがあるので、どんな色があるかは各ショップリンクをクリックして見に行ってみてください。
他にもたくさんの種類のカード収納ケースが存在しますが類似品も多いので、今回はここまで。
なお、iPhoneのウラにカードをそのまま入れると、電磁波の干渉でうまく機能しないことがあります。
干渉防止シートがあらかじめ付属されているケースもありますが、そうでない場合は別途、干渉防止シートを買ってiPhoneの裏に貼っておきましょう。




それにしても、おサイフケータイ規格が早くグローバル化してiPhoneにもその機能が内蔵される日が待ち遠しいです。
いちいち切符を買ったり財布から小銭を出したりしなくて良いのはホントにホントに便利です。


関連記事
iPhoneでテレビを見る方法あれこれ 2012年夏版
iPhone、iPad、iPod touchの最高の周辺機器、iRig KEYS - IK Multimedia