読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

WebページのURLをコピーする方法…iPhoneの基本シリーズ(本を買わなくてもここで学べるiPhoneの使い方)

iPhone

Safariでの長押し



このブログはiPhoneの初心者向けなので、iPhoneを買ったばかりの人や、まだiPhoneを便利だと思えない人、iPhoneに慣れてない人のための記事をたくさん書いています。
逆にiPhoneに慣れた人にとっては、わかりきっていることがたくさん載っています。
そういう人は、さらに上級目指して、ここよりもハイレベルなWebサイトを探してください。
さて、今回はSafariで見ているWebページのURL(アドレス)をコピーする方法についてです。
やり方はとても簡単。
SafariでWebページを開いたら、画面下真ん中のボタンを押すだけ。
Safariの下部ボタン


いろんなボタンが出てくるので、「コピー」を選びます。
Lコピーを選択


これで、そのWebページのURLはiPhoneが記憶しています。
では、その覚えたURLをどこかに貼り付けてみましょう。
ここでは、「メモ」アプリを使ってみます。
メモアプリを起動


メモアプリを起動したら、右上にある「+」ボタンをタップします。これが新規のメモを作成するボタンです。
メモを新規作成


そして、画面上を長押しして、丸い虫眼鏡が表示されたら指を離します。
メモを長押し


「ペースト」というメニューが出るのでタップします。
ペースト


はい、URLが貼り付けられました。
URL貼り付け


自分が見ているページをメールなどで人に教えたいときに、このワザが使えますね。
もっとも、メールで教えたいなら、この「メールで送信」ボタンもしくは「メッセージ」ボタンを押すほうが早いですけどね。
メールかメッセージ


直接、メール作成画面やメッセージ作成画面が開いて、すでにURLが貼り付けられているので、あとは宛先を指定するだけですから。
メールアドレスを指定 メッセージ送信先を指定


Webページ中のリンクのURLをコピーするには

見ているWebページの文中に、他のページへのリンクが埋め込まれていることがあります。
ほとんどの場合、次のように、青い文字で表示されていますが、イラストや写真などの画像がリンクになっていることもあります。
このリンクをそのままタップすると、そのリンク先のページへ移動してしまいますが、そのURLをコピーするにはどうれば良いでしょう?
やり方は簡単。
リンクを長押しするだけです。
リンクを長押し


するとメニューが出てくるので、「コピー」ボタンを押します。
これでiPhoneにURLが記憶されました。
メニューのコピー選択


あとは、上記と同じように、メモに貼るなりしてください。
iPhoneって、今回のように、長押しをすると何かが出てくるというケースがけっこう多いです。
みなさんも探してみてください。