読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iOS 7の3D壁紙をアプリで一足先に体験する

iPhone

iPhoneのジャイロスコープ機能を使ったアプリ

iOS 7はこれまでのiPhoneから劇的に進化していると言えますが、その中でボクが面白いと思ったのが壁紙。
単にアニメーションする壁紙は今ではスマートフォンでは珍しくありません(でもこれまでのiPhoneではできませんでした)。
新しいiOS 7の壁紙は、iPhoneを上下左右に傾けると、きちんと位置関係が変化する、つまり壁紙に奥行きがあって立体的になっています。
この動画がわかりやすいです。



実は、このジャイロスコープを使ったアプリはすでにたくさん存在します。
ボクが持っているこれはジャイロスコープの機能をわかりやすく体験できるという点でとても面白いです。

HoloToy

HoloToy

  • kode80 LLC
  • エンターテインメント
  • ¥200

いろんなパターンが用意されています。
Holo Toy選択画面


例えば「The Impossible Triangle」はこんな感じ。
iPhoneを上下左右に動かすと物体の見える角度がきちんと変化するので、iPhoneの中に立体物が存在するような感覚です。
上から 下から
右から 左から
終了するときは画面をダブルタップします。


裸眼で見るモードや赤青メガネで見るモードなど複数が用意されています。
裸眼で見るモードの場合は片眼で見るのが良いそうです。
メガネ選択


3Dのセンサーも3つ選べます。
加速度センサー、ジャイロスコープ、顔認識。
顔認識はカメラでユーザーの顔の動きを認識するようですが、しっくり来ません。
真ん中のジャイロスコープが一番オススメです。
3Dセンサー