読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

2013年に17kgのダイエットに成功したボクが1年間続けたこと

つぶやき

ダイエットに失敗する理由

 

みなさん、こんにちは!

まずはボクの2013年の体重のグラフを見てください。

2013年の年明けにはボクの体重は81.6kgでした。

2013年当初の体重

  

その後、ダイエットに取り組み、12月の一番体重が軽い時には、64.2kgまで落ちました。

2013年末の体重

 

日々、減ったり増えたりを繰り返しながら最大で17.4kgのダイエットに成功したわけです。

平均すると1ヶ月あたり1.45kgずつ減っており、

「1ヶ月で5kgやせました!」

みたいな過激なダイエットでは無いことがわかると思います。

1年ぶりに会った人からは、やせたやせたと言われ、それは嬉しいものです。

 

ダイエットをしている人は多いと思いますが、行き詰まる人もまた多いと思います。

行き詰まる理由は大きく2つあると思います。

 

  • 方法論
  • 精神論

 

一つ目の方法論について。

これは、やせるための具体的な方法についてです。

例えば、運動しているのにやせない、とか、食事を減らしているのにやせない、とか、ダイエット食品と言われているモノを食べているのにやせない、などですね。

 

二つ目の精神論について。

これは、ダイエットを続ければやせることはわかっているのに続けられないというものです。

理由はさらに2つに分けられるのではないでしょうか。

 

  • 飽き、もしくは、忘却
  • 空腹による苦しさ

 

飽き、もしくは、忘却というのは読んで字の如し。

3日くらいは思い出して実行するんですが、それ以降は飽きてしまうか忘れてしまうんですね。

で、以前の生活に戻ってしまう。

その原因としては、ダイエットはすぐには効果が出ないことがあると思います。

正直言って、ダイエットはスタートして3日程度ではほとんど結果は出ません。

1ヶ月くらいはがんばって続ける必要があります。

でも3日くらいで結果が出ないと飽きてしまったり忘れてしまったりする人間の性質もよく理解できますね。

 

空腹による苦しさ。

これはダイエットが続かない最大の原因であり、これを克服することがダイエット成功のキーとなります。

 

運動をしてもあまりやせられない

 

ダイエットのために運動している人は多いと思います。

勘違いしないで欲しいのは、運動でやせることはほとんどありません。

ジョギングで言うと、1km走ると体重と同じ数字のカロリーが消費されます。

例えば、体重70kgの人が1km走れば70キロカロリー消費されます。

5km走ってやっと350キロカロリーですね。

これを食べ物で言うと、コンビニのおにぎり2個分くらいです。

言い換えると、コンビニのおにぎりを2個食べたら、5km走らないと消費できないというわけです。

これはかなりしんどいです。

運動はムダだと言ってるのではありません。

運動は非常に大切です。

必ず毎日行って欲しいです。

運動の効果はやせるのではなく、太りにくい体を作ることだからです。

運動をしていない人は、せっかくやせても、また太りやすいってことです。

 

ダイエットは食事で決まる

 

多くの書物に書かれていますし、ボクも実体験として学んだのは、ダイエットは食事で決まるということです。

単純に食べなければやせ、食べれば太ります。

なので、ダイエットを成功させるためには、なるべく食べないことです。

しかし、ずっと食べないでいることは無理なので工夫が必要です。

さっき書いたように空腹とどうやって戦うかですね。

答えは簡単で、空腹を満たしながら太らない食事を摂る、ということです。

1日3食の人は1日2食にすればもちろんやせられます。

しかし、朝食、昼食を食べて夕食を食べないのはツライと思います。

そこで夕食はお腹に入れながらも太らないものを摂ることにします。

 

ボクが1年間続けたもの

 

ボクは夕食は食べ物を食べませんでした。

ほぼ1年間続けました。

食べない代わりに飲むのです。

飲むと言ってもアルコールでは無いです。

これです。

 

まず、豆乳について。

スーパーなどでもいろんな豆乳が売られていますが、気をつけてください。

調整豆乳と無調整豆乳とがあります。

調整豆乳は砂糖などが入っていて飲みやすい味が付いていますが、当然、ダイエットには向いていません。

無調整豆乳を選びましょう。

1本1本買うのは大変なので、上記のようにネットでまとめ買いがオススメです。

 

そして野菜ジュースについて。

これもスーパーなどでいろんなモノが売られていますが、甘くて飲みやすいタイプのものは糖質が多いので避けましょう。

ボクもいろんな種類のモノを探しまわって、上記の糖質が少ないタイプに落ち着きました。

豆乳と野菜ジュース

 

もうひとつ、このブログでも何度か紹介してきましたが、大切なモノがあります。

こちらです。

 

ビーカー

 

ここに、まず豆乳を100ml注ぎます。

ビーカーに豆乳を注ぐ

 

次に野菜ジュースを100ml注ぎます。

続けて野菜ジュース

 

はい、豆乳野菜ジュース200mlのできあがり。

重さはもちろん約200グラムです。

 

これを1杯飲めば200グラムが胃袋に入ってくるので、なかなかの満腹感です。

でも、物足りない場合は、同じものをもう1杯作って飲みます。

これで400グラム。

かなりの満腹感です。

夕食の代わりにこれを400グラム飲めば、もう食事はいらなくなります。

 

ちなみに上記の豆乳は100mlで52キロカロリー、野菜ジュースは25キロカロリー。

なので、400ml飲んでも、たったの154キロカロリー、

コンビニのおにぎり1個と同じくらいしかカロリーが無いのに、胃の中には400グラムも入るんです。

しかも炭水化物であるおにぎりと違って、タンパク質と繊維質のかたまり。

便秘にもなりにくく、これが後々、ダイエットに効いてきます。

 

1日3食のうち、夕食は食べ物ではなく豆乳野菜ジュース。

これを1年間続けます。

これによって満腹感を満たしながらカロリーを劇的に減らし、ボクはダイエットに成功しました。

 

お腹を満たすだけなら水でもいいじゃないか、と思いますが、水だと満腹感だけで満足感は得られません。

また豆乳野菜ジュースなら、タンパク質と野菜をある程度摂れるので、栄養面でも水よりオススメできます。

 

上記のようにネット通販でまとめ買いすると安いですし、作るのも簡単で毎日続けやすいです。

この1食置き換えダイエット。

今までダイエットに失敗した人は、とりあえず1ヶ月試してみてはどうでしょうか。

 

その他のダイエット継続のための秘訣については別の記事で書くことにしますのでお楽しみに!