読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

平均給与が下がっても景気が良くなっているかもしれない簡単な理由

ニュース ファイナンス ビジネス

平均値はとても恣意的な数値

 

紙幣

 

みなさん、こんにちは!

2013年の平均給与が前年より下がったというニュースが流れていますねえ。

 

「景気が悪化してるじゃん!」

「アベノミクスは効いてないのか!」

 

などと声を荒げる人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

次の簡単な例を見てみましょう。

 

 

この表を見てください。

2012年 2013年
月給30万円の正社員が10人 月給30万円の正社員が10人
月給10万円のパートが10人
平均給与は30万円 平均給与は20万円

 

いかがですか?

確かに平均給与は下がっていますが、景気が悪くなったと言えるでしょうか?

2012年は10人しか働けなくて、給与総額は300万円しか支給されなかったのに、2013年は前年の10人に加えて、さらに10人多く働くことができて、給与総額も400万円に増えた。

つまり、だれも悪化せずに全体では増えてるんですよ。

 

「景気が良くなったので人が足りない。事務作業を任せられるパート従業員を新たに雇おう!」

 

という感じです。

 

このようなケースもあるということです。

 

平均という値は、どういう算出をしたかによって全く異なる印象を与えます。

いつも言っていることですが、マスコミの発表をそのままうのみにするのではなく、自分の頭で論理的に考え、正確に物事をとらえる訓練をしましょう。

でないと、間違った知識を蓄積して、それらに基いて間違った判断をしてしまいますよ。

 

 

関連記事

犯人の自宅から●●が押収される事件について

この3つの話について、ちょっと考えてみてください

視野が狭いと矛盾してしまう