読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

iPhoneはsシリーズとcシリーズになったというのは間違いなので、よく考えたら次のiPhoneの名前の予想が難しい件

iPhone

iPhoneはsシリーズとcシリーズになったというのは間違い

 

みなさん、こんにちは!

実は以前にも書いたんですが、今年と来年のiPhoneの名前がとても予想しにくいです。

いままではiPhoneは年に1種類だけでした。

ひとつのシリーズしか無かったんです。

でも2013年に、iPhone5sとiPhone5cと言うふたつのシリーズに分かれました。

ここだけ見ると、sシリーズとcシリーズに分かれたんだと思いがちです。

 

しかし!よく考えてください!

 

sというのはシリーズ名ではありません。

下記の図を見てください。

 

iPhoneの名前の歴史

 

iPhoneは1年毎に交互に名前にsが付いたり付かなかったりします。

つまりsはシリーズ名では無く、あくまでも機種名です。

sシリーズとcシリーズという区別はおかしいです。

無印シリーズとcシリーズというべきですよね。

無印シリーズに2年に1回、sが付くのです。

 

2014年のiPhoneの名前はどうなるでしょうか?

ひとつは簡単に予想できますよね。

図の左のラインです。

毎年のルールに従えば、iPhone6になると思われます。

問題は右のラインです。

 

「そんなのiPhone6cに決まってるだろ!」

 

と言うあなた。

確かにそうかも知れないですね。

次の図のとおりです。

 

iPhone6

 

iPhone6に対してiPhone6c。

一見、おかしくは無いです。

しかし、このルールにすると、その次の年、つまり2015年に悩むことになります。

次の図を見てください。

 

iPhone7

 

左のラインはiPhone6sでしょう。

しかし右のラインは、最初にiPhone5cが出て、翌年にiPhone6cとなると、次の年はiPhone7cにならないとおかしく無いですか?

5c→6c→7cとなっていくわけです。

でもそうなると、iPhone6sとiPhone7cが並ぶわけで、数字がずれてしまいます。

なんだか変ですよね。

では、それを解決するためにはどうするか?

それは次の図のとおりです。

 

iPhone6s

 

iPhone6とiPhone6cが同時に出るところまでは同じです。

しかし次の年。

左のラインは同じです。

右のラインは、左のラインの6に合わせるために、cの後ろにsを付けることになります。

つまり、最初に書いたように、sシリーズとcシリーズが並立しているというのは間違いで、sシリーズというのは存在しません。

sというのはあくまでも2年に1回の機種名であるということです。

でも、このルールなら、2013年に出たのはiPhone5cではなく、iPhone5csという名前であるべきでした。

次の図のとおりですね。

 

iPhone6cs

 

上記のようになっていたら、問題無かったわけです。

 

結論として、iPhone5sとiPhone5cが同時に出てしまったために、まるでsシリーズとcシリーズという2つのシリーズができたかのような錯覚が生まれてしまったのが混乱の元です。

sというのはシリーズ名ではなく、あくまでも2年に1回の機種名であり、一方でcはシリーズ名であるということです。

つまり、現在のiPhoneには無印シリーズとcシリーズがあるということです。

そして、2年毎に無印シリーズにもsが付き、cシリーズにもsが付く。

これが一番しっくり来るんじゃ無いでしょうか?

というわけで2015年に発表されるのは、

  • iPhone6s
  • iPhone6cs

となります。

 

いかがですか?

この分析と予想。