読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

Apple Watchが地味な従来の腕時計のデザインで登場した理由とiWatchでない理由

ビジネス 家電

地味であるメリット

 

みなさん、こんにちは!

B-CHANです。

 

iPhone6とともにApple Watchが発表されました。

激化するスマートフォン市場に頼っていては生き残れないので、次の大きなマーケットに育てようと発表したAppleの意欲作です。

 

ところで、Apple Watchが発表されるまでは、多くの人は、革新的なデザインを期待したのでは無いでしょうか。

例えばネットで出回っていた予想画像。

iWatch予想

 

 

でも、実際に登場したのはこれ。

Apple Watch

(引用:Apple - Apple Watch - デザイン)

 

いや〜、地味ですね。

時計の針を表示すれば、従来の腕時計と変わらないデザインです。

なんかこう、近未来的な革新的なデザインを期待していた人はガッカリかも。

でも、Appleは、Apple Watchを巨大マーケットに育てたいわけです。

一部のガジェット好きが飛びつくような斬新なデザインだと、一般人は敬遠してしまいます。

Apple Watchって、行動履歴やカラダの健康状態を記録する目的があるので、基本的には寝る時以外は身に付けておかないと意味がありません。

特に仕事中につけておかないと、行動履歴を記録できないですよね。

となると、どんな職業でも身に付けられるデザインにする必要があります。

チャラいデザインや斬新すぎるデザインだと、例えば銀行員のような固い職業の人からは敬遠されます。

地味なデザインにすることで、仕事中でも違和感なく装着できることを狙ったわけです。

まさに万人を狙ったわけですね。

 

以上、ボクの単なる推測ですけどね!

 

iWatchではなくApple Watchの理由

 

ところで、事前の予測ではiWatchだったのに、実際にはApple Watchという名称で登場しました。

なぜでしょうか。

これですね。


ISWATCH (SURG101C) - スウォッチジャパン - Swatch ウォッチ

 

もしAppleがiWatchという名称で出して、巨大マーケットになってからスウォッチ社から訴訟されたら、それなりにダメージが大きいかもしれません。

なので、事前にリスクを避けたのでしょう。

 

まあこれも、ボクの単なる推測ですけどね!

 

関連記事

iPhone6とiPhone6 Plusの発表を見て、一番すばらしい点と一番ガッカリした点 - 非天マザー by B-CHAN