非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

ブログネタの仕入れにTwitterを使う

フォローとフォロワー

 

 

今さらですが、Twitterに関しておさらいしてみましょう。

 

TwitterでAさんをフォローすると、Aさんのツイートを読むことができます。

TwitterでBさんによってフォローされると、自分のツイートをBさんが読むことができます。

 

これが、フォローとフォロワーの関係ですね。

 

 

Twitterをブログの宣伝に使う

 

 

Twitterのフォロワーの数は人気のバロメーターを言われます。

知名度の高い芸能人がTwitterをやると、数多くのフォロワーを獲得しますよね。

 

ボクは芸能人でも何でも無い一個人ですが、フォロワーは現時点で18000人前後います。

この数は個人としては多いと思いますが、ボクの場合は単に、Twitterの黎明期から使っており、しかも数多くの人をフォローしたことによる「フォロー返し」が大半だと思われます。

実際、フォロワーよりもフォローの方が多いですしね。

個人なので人気のバロメーターなどはどうでもいいんですが、フォロワーが多いことはいろんなメリットがあります。

例えば、旅行先で、

 

「次のバスまで1時間待ちなう。」

 

なんてツイートしたら、地元のフォロワーさんがクルマでやって来て送ってくれた、なんて出会いもありました。

質問をツイートしたら答えてもらえることも多いです。

フォロワーが多いことの特権ですね。

また、ブログを書くたびに、書いたことをツイートするので、少なくとも18000人にはブログのお知らせができます。

当然、リツイートされれば、さらに拡散されます。

これは、なかなか大きな宣伝媒体ですよね。

実際、紙媒体やテレビなどで18000人に伝えるにはそれなりに費用がかかるはずですから。

 

 

Twitterをブログのネタの仕入れに使う

 

 

たいていは、Twitterはフォロワーを重視するんですよ。

さっき書いたように、フォロワーの数が人気のバロメーターですし、宣伝力も上がりますから。

 

しかし、ボクはあえてフォロー数も増やしています。

現時点でフォロー数は19000を超えます。

これが何を意味するか、わかりますか?

 

そうです。

19000人のツイートがタイムラインに流れるのです。

これ、ちょっと良い言い方をすれば、19000本の記事が目の前を流れるのと同じです。

つまり、大量の話題が目の前を流れるんですね。

もちろん毎日、全部を読めるはずもありませんが、話題には事欠きません。

ボクが来る日も来る日もブログを書き続けられるのは、もちろんたくさんの勉強や経験をしているからですが、一方で、たくさんのツイートを読んでいるからです。

 

今は各種ニュースアプリが出そろっているので、ニュース記事自体を入手するのはカンタンですが、それって多くの人が読んでいるので、オリジナルのブログ記事を書くにはやや不向きです。

しかしTwitterの場合、自分が取捨選択してフォローできます。

例えば、iPhoneの話題を集めたければ、iPhone関係のアカウントをフォローしていけばいいんです。

 

もし、ブログのネタに困っているのであれば、Twitterを活用してみてください。

TwitterはFacebookと違い、承諾不要で勝手にフォローできるのが魅力です。

 

RSSリーダーと並んで、オリジナリティの高い情報収集をするのに非常に適したツールです。

 

www.b-chan.jp