読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非天マザー by B-CHAN

iPhoneの使い方、IT、金融、経済、不動産、保険、ビジネス、音楽、映画、ニュース、自己啓発などを語ります。

携帯電話の解約違約金無し新プランが発表。さらにガッカリ。

ビジネス 携帯電話 スマートフォン

値上げは300円

 

先日、携帯電話の2年縛りの解消についての批判記事を書きました。

 

www.b-chan.jp

 

その後、ソフトバンクがまず先頭を切って新プランを発表しました。

 

www.rbbtoday.com

 

続けてauも。

 

k-tai.impress.co.jp

 

簡単に言えば、2年縛りが無いプランは従来より月額が300円上がるというモノです。

 

今までのおさらいをしますね。

従来のプランでは、2年以内に解約すればいつでも違約金9500円を取られます。

で25ヶ月目(2年経過したあとの1ヶ月間)に限り、その間に解約すれば違約金は取られないわけです。

しかし26ヶ月に入ってしまうと、また新契約が始まったとみなされて、解約したら違約金を取られます。

つまり、違約金無しで解約するチャンスは2年に1回の1ヶ月間しか無いわけです。

 

これが新プランでは、2年経過すれば、いつ解約しても違約金は掛かりません。

また同時に、ソフトバンクは(ドコモも)、違約金無しの期間を25ヶ月目と26ヶ月目の2ヶ月間に延長しています。

つまり、違約金無しで解約するチャンスは2年に1回の2ヶ月間に伸びました。

 

これを踏まえて考えましょう。

まず、新プランは月額が300円上がります。

つまり2年間契約すれば7200円余分に取られます。

で、25ヶ月目と26ヶ月目は今書いたように、もともと違約金は掛かりません。

だから新プランの価値が出てくるのは、27ヶ月目以降の解約です。

ただしその間も月に300円余分に取られるわけです。

例えば27ヶ月目に解約するなら、月額で8100円余分に支払っていることになります。

その代わり9500円の違約金は無くなるので、トータルで1400円おトクです。

28ヶ月目の解約なら、さらに300円余分に払っていることになるので、トータルで1100円おトクになるだけです。

29ヶ月目の解約なら800円のおトク。

30ヶ月目の解約なら500円のおトク。

31ヶ月目の解約なら200円のおトク。

32ヶ月目の解約なら100円の損!

33ヶ月目の解約なら400円の損!

34ヶ月目の解約なら700円の損!

と、遅くなればなるほど、むしろ損失が拡大します。

つまり、2年縛りを解消する新プランは、

25ヶ月目から31ヶ月目の間に解約すれば、ちょっとだけ(最大でも1400円だけ)おトクになり、それ以降なら、むしろ損になるというプランです。

 

まとめ

 

  • 従来は25ヶ月目のみ違約金無し。
  • 今後は25ヶ月目と26ヶ月目の2ヶ月間は違約金無し。
  • ただし新プランでは月額が上がる代わりに25ヶ月目から31ヶ月目までは違約金無し。

 

これらを総合すると、新プランなんかに入らずに、従来のプランのまま、25ヶ月目か26ヶ月目に解約するのが一番おトク、ということです。

つまり、エラそうな新プラン登場ですが、ユーザーにとっては、旧来のプランの方が経済的におトクになるんです。

そこんところ、気をつけてくださいね。

これが携帯電話大手のやり方ですから。

総務省の指導なんて、こんなもんですよ、しょせんはお役人ですから。

 

ドコモもたいてい横並びなので、同じような話になることが予想されます。

ね、ガッカリでしょ。